2013年08月28日

孤高のメス (DVD鑑賞)


   友人が貸してくれていたDVD『孤高のメス』(成島出監督、大鐘稔彦原作)観ました。
原作の真っ直ぐで健全な医療への追求心を、奇をてらわない配役と正統的な手法で描いた本作に、改めて良質な邦画の持つ心地よさを感じました。

story
   1989年、とある地方都市の市民病院に外科医・当麻鉄彦(堤真一)が赴任する。冷静で正確なオペ技術を持ち、なにより患者のことを第一に考える当麻の姿勢は、仕事に疑問を抱いていた看護師の浪子(夏川結衣)らにも影響を与え、停滞していた院内の空気を活気づかせていく。しかし、そんなある時、当麻は脳死した患者からの肝臓移植を行うか否かという大きな決断を迫られる。それはまだ法律で認められた手術ではなかったが、当麻はいかなるリスクを背負おうとも、助けられる命に手を差し伸べようとするのだが・・・。
 
                       孤高の.jpg

                ※stpry、画像とも、映画情報サイトより転載させて頂きました。


  タイトル「孤高のメス」は、崇高な精神のもと、ひたすら患者の命を救うために奔走する孤独な医師を連想させます。また、医学の理念を問う社会派然とした作品世界をもイメージさせます。現役の医師による原作と聞けば尚更に。

しかし“良い意味で”その予想は覆されました。
勿論、医療のあるべき姿を追求した作品には違いないですが、テーマの周辺にあるものを丁寧に掬い上げて描いた、情感に溢れたソフトな作品だったと感じました。

十数時間ににも及ぶ難解な大手術。その様相を(医学界の監修のもとに)徹底してリアルに描きながら、そこには殺伐とした空気もなければ、冷徹な眼差しだけで終わる疎外感もありませんでした。これは一人の女性・浪子の当麻に対する秘めた恋情を綴った物語であるとさえ言えるのでした。
決して放たれることのない、おそらくは本人もそれと気付かぬ、淡く切ない想いがこもった柔らかな情感。オペ器具一つ一つを当麻に手渡す浪子の所作が何度も映し出されるのですが、そこにある種の熱情のようなものを感じ取った人は多かったのではないでしょうか。
医療用語が飛び交う硬質さ、大学病院と地方の公立病院の癒着という粘着性、その行間に柔らかな情感がふわっと匂い立つ、そんな作品でした。

浪子の一人息子・弘平(成宮寛貴)が彼女が残した古い日記から母の過去の日々を紐解いてゆく流れは、似たようなシチュエーションは有りがちですけれど、それはとても安定感のある流れでもあり、観る者を心穏やかに導いてくれるのでした。
ラストの“邂逅めいた展開”は「あ、そういうことになるんだ・・・」とちょっと意外でしたが、そういう“愉快さ”があってこそ、日の目を見ることのなかった浪子の秘めた感情が最後で活きてきたのかもしれません。
    
                        孤高の 1.jpg
 
                      
堤真一さん、イイですね。
映画では『ALWAYS 三丁目の夕日』『舞妓Haaaan!!!』『クライマーズ・ハイ』『容疑者Xの献身』といった作品を観ましたが、どれもハズレはなかったです。私的には『容疑者Xの献身』の堤さんが一番印象深いですけれど。

生瀬勝久さん、なかなかの“悪いヤツ”振りでした。私、画面に向かって「キミ、悪いヤツやな〜!」と独りごちてました。それはそれだけ生瀬さんが好演だったということなのでしょう。
それにしても、、、あの京葉医大から来た三人の医師の中で、一人くらい「真の医療とは何ぞや」と思い悩み、自らの言動を自問自答する医師がいてもよかったのになーって思いました。一人くらいは・・・ねぇ。

現在は脳死状態での臓器移植は法的に認められています。
私は脳死での臓器提供の意思カードにサインして持ち歩いています(そのような状態になることは勿論無いに越したことはないのですが)。特に理念があってのことではありません。そうすることが自分にとってもいろんな意味でいいように思えるまでのことです。



                      黒ビール.jpg

  そろそろこの夏も「去り支度」を始めたようですね。
夏の終わりを感じるのは、いつも何だかとても寂しいです。たとえ今夏のような猛暑であっても。

某日、仕事帰りの黒ビール。
一杯目はオーソドックスな生ビールをグビグビ! 二杯目にこの黒ビールをゆっくりと味わいました。
そういえば少し前からスーパーで麒麟の<秋味>が並び始めましたね。 秋、なのですね。




posted by ぺろんぱ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月21日

コメント、TB、承認制導入のお知らせ


   以前から時々入っていた商業広告を貼り付けたコメントが、先日一夜にして80件近くも投稿される事態がございました。TBに付きましても、数は少ないものの同様の事態が過去に何度かありました為、このほど、コメント、TBとも「承認制」とさせて頂くことに致しました。
皆様にはご迷惑をおかけ致しますがご理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
いつもコメントやTBを下さっている映画・お酒・動物好きの方々、変わらずのご支援とご投稿をいただけます事を心から願って止みません。      ぺろんぱ拝



posted by ぺろんぱ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月20日

マリー・アントワネット物語展


  お盆のお休みも終わりましたが、朝夕の風に遠くに見え隠れする秋の気配が僅かに感じられるくらいで、日中の暑さはまだまだ厳しいですね。

お休み中も劇場での映画鑑賞は叶わなかったのですが、県美(兵庫県立美術館)に『マリー・アントワネット物語展』を観に行ってきました。
7月6日から開催でずっと気になりつつ足を運べないままでしたが、閉催(9月1日)間近になってやっと。県美はJR灘駅から南へ徒歩10分強といったところにあるのですが、今年のこの時期、照りつける太陽のもと目指す美術館に辿り着くまでに軽く眩暈3回。


                       マリー.jpg

 マリー・アントワネット。
我々「ベルばら世代」にとっては単なる「歴史上の著名人」にとどまらぬ、華々しいオーラをまとった女性です。同時に、人生の光と闇、頂点とどん底を瞬時に駆け抜けたような悲劇のヒロインとしての象徴的存在でもあります。
読みましたねぇ、池田理代子さんの『ベルサイユのばら』。
本展、いたるところに展示作品に付随しての解説が施されていましたが、何だかどれも<ベルばら>の“要点を振り返る復習”のように感じられました。「ああ、そういえば<ベルばら>にこんなこと描かれていたっけな」という具合に。池田理代子さんの『ベルサイユのばら』の威力を改めて実感しました、畏るべし、ベルばら。

本展はマリー・アントワネットの波乱に満ちた生涯を辿りつつ、彼女の徹底した“美へのこだわり”に焦点を当てたものです。
解説にも「自分の趣味をヴェルサイユ宮殿に持ち込んだ唯一の王妃と言われている」と記されていました。
ひとブースのみ「写真撮影OK」とされる展示ブースがあって、彼女の愛したとされるドレスや香水入れなどの小物、船の模型を乗っけた派手な鬘(ありましたね〜漫画にも)などが展示されていました(このブースの展示品は全てレプリカです)。

 マリー 2.jpg マリー 3.jpg


別のブースですが、あの「首飾り事件」の首飾りも展示されていました(これもレプリカです)。
渦中の人物たちの相関関係図と共に。こういうのは何だか現代の週刊紙的。やはり良くも悪くもゴシップの対象となった人なのですね。王室の人間であるのに、容赦なく通俗的で興味本位な視線を浴びせられてしまう、、、そこが、仕来たりの違う他国から幼くして嫁いだ女性の悲しい一面だったのでしょう。

彼女が愛したとされる品々は、どれも当時の技術、集め得た素材では最高のものであったと推察されます。ドレス、装飾品は勿論、什器や寝具、小物に至るまで、自らがオーダーする物はお金や納期にこだわることなく徹底的に最高級のものを求めたというマリー・アントワネット。
やはり大事な“何か”が見えていなかったのでしょうか。王妃ではなくどこかの大富豪の商家に嫁いだ女性だったなら、あのような最期を迎えることにはならなかったでしょう。

                      マリー 1.jpg

勿論「時」の不運があったことは否めません。
夫ルイ16世の祖父で先帝であったルイ15世と彼の愛妾デュ・バリー夫人が過去に繰り広げてきた贅沢はアントワネット以上の巨額であったらしく、他国への支援などもあってフランスの財政は逼迫し、嫁いできたアントワネットの若さと寄る辺無さが彼女を全ての矢面に立たせてしまったのでしょう。“悲劇の王妃”と称される所以はそこにあるのかもしれません。
夫となったルイ16世の身体上の理由で、夫婦の契りをもったのは結婚後7年を経過した後だったということです。「寄る辺なさ」と記したのは、そのような史実により感じたことでもあります。これらの史実は展示場にあった「解説」にも記されています。

熱愛では決してなかったけれど、ルイ16世との夫婦としての深い絆が感じられたエピソードや肖像画に心が“しん”となりました。夫を敬愛し、子を生し母となって初めて芽生えたと言われる民衆を愛する心。 しかし時代はそれを掬い取るにはあまりに激動のさなかにあったのですね。

展示は、断頭台へ向かうマリー・アントワネットを描いた一枚の絵で締めくくられていました。



                      篠峯.jpg

 さて、過日の乾杯からの一景。
イニシャル全員Mの会の、4人全員がお酒好きで結構な量を呑みます。(私は末席です)
年齢は上下で4歳差だから皆きっとベルばら世代だ。 今度逢った時の話題になるか・・・な? 





posted by ぺろんぱ at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月07日

プリシラ PRISCILLA (久々の再々々??鑑賞)


  クラっと来るような暑さの今日この頃。 日が沈んだ某夜、久しぶりにこの映画ソフトを引っ張り出して鑑賞。
『プリシラ PRISCILLA』(1994年 ステファン・エリオット監督)です。
公開時に劇場に観に行って以来、大好きで何度か観返している作品です。この映画も、派手な衣裳とメークに、そしてオーストラリアの雄大な景観と突き抜けるような青空に“クラっと来る”のであります。

story
大都会のクラブでステージに立つ女装のショーガール、ミッチ(ヒューゴ・ウィーヴィング)はオーストラリア中部アリス・スプリングスでの興業に、性転換者で仲間のバーナデッド(テレンス・スタンプ)を誘った。そこに明るいけれど無鉄砲なフェリシア(ガイ・ピアース)が加わり、ドラッグクイーン3人の砂漠へ向けての旅が始まった・・・。 様々な出会い、別れ、挫折、そして歌あり踊りあり笑いありのロード・ムービー。

                         プリシラ.jpg
  
                   ※story、画像とも、映画情報サイトより転載させて頂きました。
             

  オープニングからクラリと来る映像ながら、そこはかとなく切なさが漂う幕開けです。
シャーリーンの「I've Never Been To Me」の歌詞が彼らの心の叫びのようで。

ショービジネスにはどことなく哀しみの翳が付いて回るような気がするのですが、ドラッグクイーンたちの世界となると尚更なのでしょうか。
旅をする三人、ミッチ、バーナデッド、フェリシア、それぞれ派手な衣裳を脱ぎ鬘を外しメイクを落とした時に見せる素顔(心身共の素顔)が、孤独と弱さと、甘えと拒絶の同居を感じさせて切ないです。

ロード・ムービーよろしく彷徨い続ける彼らの心。
彼らのセクシャリティーを受け入れられない人々の偏見や罵倒、暴力は、前を向いて歩いて行こうとする彼らの心を容赦なく折れさせます。それでも、良くも悪くも旅の先々で出会う人や出来事が、やっぱり自分に正直に生きたいという思いにさせ、三人をそれぞれに違った決意に導いてくれるのです。
ロード・ムービー、イイですね、私はやっぱり好きです。

幾つになっても、どんな状況にあっても、迷いは必ずある。
バーナデッドが放つ「男が女になるのはラクじゃないのよ」っていう台詞がありますが、これって「男」と「女」を別の言葉に置き換えたら誰にだって当てはまることですよね。自分らしく生きてゆくのはラクじゃないのだ、きっと。


                         プリシラ サントラ.jpg ※サントラ

 オープニングの曲に触れましたが、この映画、音楽がサイコーに楽しめる作品です。
そういえば公開時には迷わずサントラを買いました。(このレヴューを綴りながら聴き直しましたよ。)
大自然の中、青空を背景に流れる歌曲「椿姫」にはシュールな感覚に包まれ見知らぬ彼の地へトリップするかのよう。アバの「ママ・ミア」には拍手喝采、エンディングで流れるヴァネッサ・ウィリアムスの「Save The Best For Last」にはぐぐっと心掴まれます。

圧巻は、ショーの衣裳に身を包んだ彼らが、辿り着いた夢の地・キングス渓谷(オーストラリアのグランド・キャニオンと呼ばれている)の頂上で屹然と立つシーンです。
雄大な自然の圧倒的な力を前に、自分たちが最も誇れる姿で立ち向かう彼ら。自分が男であるか女であるかなどという概念すら吹っ飛んでしまった瞬間だったのではないでしょうか。陽光に赤く燃える渓谷に、彼らの華やかな装束を舞わせる雄々しき風、風、風。感動的です。何度観てもここは見とれてしまうシーンです。


脇を固めるボブ役のビル・ハンター、マリオン役のサラ・チャドウィックも素敵。
特にボブ。バーナデットとの穏やかで確かな温もりの日々を祈りたいです。
あ、最後の最後、オマケの映像が笑えますよ。


                                               
                          夢灯り.jpg

この映画の「ドラッグクイーン」のドラッグは「drag (俗に、男性の女装の意)」ですが、似た発音で「drug(薬物)」というのがありますね。「drag」や「drug」では無理ですが、「drunk(酔っ払い)」なら私もクイーン級になれるでしょうか・・・。

そんな私の、またしても“独りサク呑み”(某日某店にて)です。
生ビールのあとに純米吟醸<夢灯り>とマグロのヤマかけです。 大変美味しゅうございました。
滞在時間45分。これってクイーン級を目指す以前にオヤジ級ですね。






posted by ぺろんぱ at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記