2014年05月25日

時々、話し相手


実家の庭に時々姿を見せる雨蛙です。
アマガエルと書いた方が可愛さか伝わるでしょうか。


image.jpg


この子を含めて少なくとも6匹います。雨上がりや庭木への水撒きのあとはその小さな姿を見せます。
時々しゃがんで話しかけます。
聞いているのかいないのか、じっとしている子もいれは、「興味ないね」とばかりにピョンピョン跳ねて前を通り過ぎて行く子もいます。
手のひらに乗せてみたこともありますが、ちっとも信用されていないのかビヨーーーンと大ジャンプして逃げられてしまいました。まあそんなもんでしょう。
じっとみていると実に可愛いヤツらです。 元気で生きるんやで。


村上春樹の長編小説“出版順に再々々…読月間”は続いています。現在は『ダンス・ダンス・ダンス』読了間近。順番でゆくと今度は『国境の南、太陽の西』ですね。
長編は登場する女の子の魅力が作品の好感度に繋がってきたりしますが、この『ダンス…』で言えばユミヨシさんではなく、ユキでもなく、ましてやアメでもなく、そしてキキでもなく、少ししか登場しないけれど何故か“官能的雪かき”のメイが私は一番好きです。

どの作品も読み返すたびに面白さを増すのですが、やっぱり私の中でのBESTの数作品は最終的には変わらないのですよね。
ちなみに私の中で春樹小説の永遠のBEST⒈は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』です。この作品では、「世界の終り」で夢読みを手伝う女の子がとても好きです。

春樹小説とは別に今は通勤に某入門書を携行して小説と代わり番こに読んでいます。思うところあって始めてみようかなと思うことがありまして、、、この事は、続いていればいずれまた書きたいと思いますが、果たして続けられますかね、どうでしょう。


「時々話し相手」はカエルくんですが、毎日の話し相手はやはり愛するお酒たち ということになるのでしょうか。

image.jpg


久々の外呑みで味わった「作(ざく)純米吟醸・雅の智(とも)」です。お腹の底まで沁みとおりました。美味しゅうございました。
短い時間でごめんなさいでしたが、しみじみとした乾杯を本当にありがとうございました。ぴかぴか(新しい)



posted by ぺろんぱ at 19:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月10日

夏を前に


風薫る五月になりました。
GWも終わって、これからは初夏の陽気になってゆくのでしょうね。
夏は大好きな季節です。
 
この数年来、実家の父とまるで戦友のように母の介護にあたってきました。
二月下旬、比較的ゆるやかだった母の病状の進行が一気に加速する出来事があって介護が深刻化し、このブログもずっとお休みさせて頂いておりました。

ブログをお休みさせてもらって間もない頃、一つの大切な命を送りました。 ウチ猫a.の命です。
長きに渡る完治無き持病が、徐々にあの子の体を蝕んでいたようです。呼べども答えぬあの子の体は長いこと私の腕の中で温もりを保っていて、また息を吹き返すのではないかと何度も思いました。


母のこと、猫のこと、、、いろんなことが胸を去来し続けています。
無理矢理に自分の心に折り合いを付けるのはもうやめました。

母のことは少し前に一つの節目を迎えました。それは安寧とは呼べないものですが、物理的観点でいえば、それでも徐々に、ゆっくりと少しずつ、自分のことに使える時間が出来てきたのも事実です。

時間が出来始めてからは、映画は無理でしたが本を読むことが出来ました。
未知の小説にはなかなか気持ちが入らなかったので、思い立って村上春樹の小説を『風の歌を聴け』から出版順に再再々…読してゆきました。
心に馴染んだ文体というのはありがたいもので、すうーっと小説の中に入って行けました。
春樹さんの新刊『女のいない男たち』も購入して読みました。六篇の作品の中では「木野」が一番好きです。いつか長編へと開花しそうな予感を含んでいた気がします。

ケータイの電源をOFFにしづらい今ですので当分のあいだ劇場での映画鑑賞は封印ですが、もう少しして気持ちにも少しゆとりが持てれば、旧作の映画などに触れてみたいものです。


最後になりましたが、皆さん、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
優しく寄り添って下さったお言葉、本当にありがとうございました。感謝の思いでいっぱいです。


拙ブログ、これから「シネマじゃなくても乾杯!」になってしまっても、たまには思い出してお越し頂けるならとても嬉しく思います。
拝見させて頂いているブロガー様のところにも、またひょっこりコメントを残させて頂いた際には宜しくお願い致します。

そして皆さま、どうぞ初夏の佳き日々を。






posted by ぺろんぱ at 22:08| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記