2014年06月26日

ヒヤシンス・ブルーの少女(本)


  自宅でも実家でも、近所への用事に時々自転車を使います。

自転車といっても、新型エイリアンみたいなヘルメットを被って乗るカッコイイのんじゃなくてフツーのお買物自転車です。いわゆる“ママチャリ”というやつですね。因みに自宅のMyママチャリには「いしばしクン」と名前を付けています。(なんのことはない、ブリジストンの自転車だから ^^;)
先日、若い子の真似をして久々に立ち漕ぎしてみました。ほんの10メートル程でしたが気分爽快。ちょっと目線が高くなると受ける風が違いました。

image.jpg


とある散歩道で出逢った蝶。
結構シャッターチャンスを提供してくれていたのに(それもカメラ目線で!?)こんなんしか撮れず仕舞い。スマホカメラの限界というより、そもそも写真の腕無し…しゅん太郎(あ、意図せずして十七文字)。


かわいい昨秋以来、時々会社へお越し下さることになったお客様、T子さん。
ピアノを愛し、大胆且つセンスの光る独自のアレンジでもって素敵な演奏を披露して下さる女性です。
先日のご来社時にふとしたことで映画の話になり、「お好きな映画は?」と尋ねられたので幾つかの映画タイトルをお伝えしたところ、そのうちの一作をDVDで探してご覧くださり感想をお便りして下さいました。そして代わりに「映画ではないのですが」とご紹介下さったのが小説『ヒヤシンス・ブルーの少女』(スーザン・ヴリーランド著)です。T子さんは(なんと!)原書で読まれたのですが、和訳された一冊が早川書房から出ているとお伺いし、早速にJ書店で買い求めてきました。

『ヒヤシンス・ブルーの少女 Girl In Hyacinth Blue 1999年(早川書房) 長野きよみ訳』

一枚の埋もれたフェルメールの絵と、それにまつわる所有者たちの物語を紡いだ連作短編集です。
登場する絵は実際にある絵ではないそうです。物語は「現代のアメリカから始まり、第二次大戦中のアムステルダム、19世紀オランダ、1700年代のオランダの村、そして絵が描かれた発端へと時代を遡ってゆく(書評サイトより)」のだそうな。

image.jpg


右側は原書です。原書の方は「こちらもどうぞ」とT子さんが貸して下さいました。それではと、村岡花子さんのように「辞書片手にこぴっと読んでみるずら」と思いましたが、1ページ目であっさり諦めました。

表紙の絵は実際に存在するフェルメールの絵「真珠の耳飾りの少女」ですね。
「真珠の耳飾りの少女」は映画にもなっていますけれど(2003年制作 スカヨハ主演 公開時に私も観に行きました)、絵ハガキも一枚持っていて自宅のコーナーラックに他の何枚かと一緒に飾ってます。柔らかな光と影が混ざり合い人物画にさえも不思議に郷愁を感じさせるのですね、フェルメール。

春樹小説の再々々...読月間はまだ続いていますので、いま再読中の『ねじまき鳥クロニクル』(全3巻のうち第3巻目です。これは読み返すたび「やっぱり傑作やなぁ」と思いますデス)が終わったらこちらを読みにかかります。ヒヤシンスブルーの少女も早く読みたい、楽しみです。
T子さん、素敵な一冊のご紹介をありがとうございました。


さて、夏至が過ぎてしまってこれからは一日一日、少しずつ日が短くなってゆくのですね。こう書くと自分が如何にペシミストだか分かります、いや、単にネクラなだけかな。
しかし夏はこれからが本番です! ささやかでもよいことのある、どうか佳き夏でありますよう。

バルで白ワイン.JPG

会社近くに新しくオープンしたフレンチバルで、夏向きのさっぱりとした白を。
きりりと冷えてて美味しゅうございました。14時からお昼呑みもできるお店です。


posted by ぺろんぱ at 12:22| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月10日

スタークロスト・ラヴァーズ




image.jpg



 デューク・エリントン&ビリー・ストレイホーンの「スタークロスト・ラヴァーズ」を、この何日かずっと某サイトのページで聴いていました。三つのバージョンが聴けます。
春樹小説『国境の南、太陽の西』を久々に読み返してのことです。そう言えば、この前のブログで記した『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』を読み返した後も、何日かはビング・クロスビーの「ダニーボーイ」やボブ・ディランの「風に吹かれて」を聴き続けていましたっけ。

「スタークロスト・ラヴァーズ」は『国境の南、太陽の西』で主人公の「僕」がとても好きだった曲として何度か登場します。
曲名は「悪い星のもとに生まれた恋人たち」「結ばれない薄幸の恋人たち」という意味で、「僕」の言葉で“気だるく美しい曲”として紹介されています。確かに、気だるい曲や美しい曲というのはこの世に数多あっても、気だるくて美しい曲というのはそう多くはないのかもしれませんね。

  映画でも小説でも、その時の自分(その物語と全く関係のないシチュエーションであるにもかかわらず)重ねて観て、或いは読んでしまうところがありますが、もしかしたらそういうものが(そうさせるものが)その映画なりその小説なりの持つパワーなのでしょうか。まあとにかく、今回の再読では今までと全く違った自分の視点を感じました。

そんなこんなの中、私は髪をセルフカットで15pくらい切ってかなりのショートにし(私は3種類の専用カット鋏で自分で髪を切っています)、母への面会に行くバスの中で時々会う若き患者さんのNくんと幾つかの会話を交わし、休日には実家で野菜料理をたくさん作ったりしています。独り住まいの自宅では台所に長く立つことなんて余りないのですが、信頼するK女史(B様と言うべきか??)が故・向田邦子さんの料理本を送って下さったことも刺激になったのだと思います。お料理の本ってただページを繰って見ているだけで元気が出てきます、不思議なものです。Kさま、改めまして「ありがとう」ございました。


仕事もプライベートのいろいろも、まあなんとか“こぴっと”やっていくだよ。



image.jpg


さてこちらはブログをお休みするより前の今年に入って直ぐの頃の乾杯、バーボンの画です。
バーボンの色深し、香り深し、そして酔いも深し。 また静かに深く酔いたいものです。





posted by ぺろんぱ at 20:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記