2014年08月03日

トラウマ映画館 (これこそがトラウマになりそうな一冊)


先日BSプレミアムで薬師丸ひろ子さんの「35周年記念コンサート」が再放送されてましたね。
昨年の初回放送を見て、その後「SONGS」でやってた時も観たのにまたもや観てしまいました。何故か惹かれます、彼女の歌声。
来生たかお、大滝詠一、南佳孝、井上陽水、呉田軽穂(ユーミン)と、けっこう作曲陣が華やかなのも惹かれる所以かもしれませんが、やっぱり何といっても魅力はその歌声ではないかと。そして、彼女が女優であることも。舞台で歌うその姿からいろいろな物語が想い起される気がするのですよね。


さて、「村上春樹長編・刊行順に再々…読」月間はまだ続いておりまして(月間じゃないですね、こうなると)現在は『海辺のカフカ』下巻の半ば(いよいよ入口の石の登場で佳境)ですが、ふと入ったU書店で目にとまり思わず買ってしまった一冊がコレ、『トラウマ映画館』(町山智浩著、集英社文庫)です。
ページを開いてみたら衝撃的な内容のあまり上手く区切りがつけられず、あれよあれよという間に1/4ほど読んでしまいました。今は「カフカ」と並行して読み進めています。

image.jpg


***こんな本です*** <本書・書評より>
町山智浩さんが主に10代の頃、テレビなどで出会った、衝撃の映画たち。
人は誰しも特別な映画を心に抱えて生きている―。呪われた映画、闇に葬られた映画、一線を超えてしまった映画など、心に爪あとを残した26本の作品を紹介。幼い頃に観たそれらの猟奇性やフェティシズムの源泉を紐解きながら、作品同士の繋がりや、のちの作品へ与えた影響を見出す、映画好きのための一冊。


表紙の作品はジャンヌ・モロー主演『マドモアゼル』(1966年制作・英仏合作)のワンシーンです。
勿論、これも著者にとっての大きな“トラウマ作品”として本書の第22章に登場します。

みなさんにとっても“トラウマとなった映画”、ありませんか。
私の中で今ぱっと思い浮かぶのは、大学生の頃に下宿の部屋で先輩女性・SEさんに言われるままに一緒に“観ることになってしまった”テレビ放映の『ハロウィン』(1978年制作のジョン・カーペンター監督?)でしょうか。
これは怖かったです〜。息絶えたはずのブギーマンがむっくりと起き上がるシーンに一瞬間違いなく心臓が止まりました。E先輩は「なかなか面白かったわね〜」と言いながら自分の部屋に帰っていきましたが、私はそれから一週間、部屋の電気を消して寝れなかったです。
あ、もう一つ思い浮かびました、これもテレビで観た『ローナ・ラブの伝説』という映画。ローナの“本当の姿”がアップになるショットは衝撃でした。孤独と情念、、、そんなものについても若かったなりに心砕かれたとその頃を記憶しております。あ、そういえはデヴィッド・クローネンバーグ監督の『ヴィデオドローム』も“お腹の中に…”のシーンは脳裏に焼き付いています。あの映画って幻覚オンバレードですか。

でも本書にはそんな私の陳腐な思い出などあっさり凌駕してしまう、あらゆるイミでキョーレツな映画がたくさん登場します。
殆どが古い映画で馴染みのないタイトルですが、その映画が幾つかの現代の作品に通じていたり、ショッキングな作品世界が当時の社会的背景や制作者の精神的背景を背負ったものであったりと、著者の考察は多岐にわたり勉強にもなります。当時まだ無名に近かった現在の大スターがアブノーマルな役柄を演じていたりするのも興味深いです。
ちょっと心して読まねばならない刺激の強さですが、著者・町山氏の映画へのとめどない愛の注ぎも見えます。


さてさて、毎日暑いですね。
暫くハイボールやアルコール度8〜9%と濃いめの酎ハイ缶(ドライで甘くないやつ)に走っていて「私はもう日本酒を飲めなくなってしまったのかしら」と思っていましたが、久々の酒席であっさり返り咲きました(なんの迷いもなく、しかもグビグビ)。

image.jpg


こちらの画は某居酒屋での大吟醸呑み比べ2種です。
やっぱり美味しい…和酒はソウルアルコールです。





posted by ぺろんぱ at 11:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記