2014年08月26日

きょうの本、音楽。そしてトリオ・ザ・イエロー。


連日の災害状況報道に心痛みます。 
亡くなられた方々のご冥福と、復旧途上で困難な生活を強いられておられる方々の、一日も早い心の平穏の取り戻しが叶うことを祈るばかりです。
自然災害に加え、日々どこかしらで誰かが理不尽に命を奪われる事件や事故が少なからず起きている昨今、悩むことはあっても取り敢えず無事で「今日という日」を生きていられる事に深く感謝しないといけないと改めて強く思うのです。

*********


  春から続けていた「村上春樹長編・刊行順に再々…読」月間も、『1Q84 BOOK3〈10月−12月〉後編』を以て無事終了しました。
1Q84は昨年にも一度再読をしたところでしたので今回は途中いくらか端折り読みしましたが、それでも、新たなる感慨がありました。今回の『1Q84』再読で、今さらながらですがユング心理学に関する何かを読みたくなりましてJ書店で買い求めてきたのがこの一冊です。
もう30年以上前の新書ですが、『無意識の構造』(河合隼雄著・中公新書)です。刊行当時は話題になった本のようですが私は未読でした。

image.jpg


ユング派の理論を受け継がれていた故・河合氏。中盤少し分かり難い箇所もありましたが、概ねユング理論に対するイメージを具体化し易く書かれていたと思います。袂を分かった恩師フロイトとの理論の違いにも(そこに主眼は置かれていないですが)触れられていました。「無意識下の理論」ではフロイト派の学者さんによる夢判断に関する書物を読んだことはありましたが、なるほど、ユングのそれとは解釈が違ってくるのですね。
ユングの無意識の深層心理が(あるいは深層心理学のいろいろが)、数多の小説、物語や映画などの作品に影響を与えている(あるいはそれこそ“無意識的に”影響を与えられている)のだと思われることも幾つかあり、今後なにかしらの書物や映像物に触れるたびに考えさせられそうです。

それにしても、、、本書の帯のコピーを引くようですが、人間って本当に“ままならぬ”厄介な無意識下のココロを抱えて生きているものなのですね。

さいごに一つ。終盤で印象的な一つの文章がありました。
「・・・人生の後半はむしろ内面への旅が要請される・・・」という一文。
前後の文言、あるいはそれまでのすべての記載内容をどう解釈するかによって変わってくるものでしょうけれど、この一文だけでなんとなく分かり合う部分もあると思える我々「The後半世代」です。
河合隼雄氏が亡くなられてもう9年になります。今度は『村上春樹、河合隼雄に会いにゆく』を再読してみるのも面白そうです。読書の輪。


image.jpg


ところで<ジュスカ・グランペール>というデュオをご存知ですか。
ヴァイオリンとギターによるインストュルメンタル・アコースティック・デュオです。
実は今まで私は全く知りませんでした。
この度セカンドアルバム『2 −deux−』のリリースで、(仕事のちょっとした経緯で)発売の9月3日(水)より前に完成盤を聴かせてもらえる機会に恵まれました。これがなかなか好くて。伸びやかで心地よく、空の果てなさと吹き抜ける風、そんなのを感じます。
ヴァイオリンのふくよかで哀愁感あふれる音色も耳に、そして心に優しいです。
「太陽と風」「White Sphere」「Red Legend」や「イコロ」、ボーナストラックとして最後に収められている「夢桜」(Daiwa Sakura Aid のテーマ曲、ニューアレンジ・バージョン)が印象的でした。
<ジュスカ・グランペール>とはフランス語で「おじいさんになるまで」という意味で、共におじいさんになるまでデュオを続けていきたいという気持ちが込められているそうです。益々のご活躍を期待したいです。


さて、夏は大好きな季節ですが心身共に凹むこともたまにはあります。そんな私は三つの黄色に日々助けられています。
ここ何年か毎日の食事に必ず取り入れている土生姜、友人Nちゃんがプレゼントしてくれた金時しょうが粉末、そして叔母夫婦の自家製・ウコン粉末(自家菜園のウコンをスライスして乾燥させて何度もミキサーにかける)です。名付けて<トリオ・ザ・イエロー>。 消化・血行・代謝促進パワーにカンゾーくんへのせめてもの労わり。
あ、ビールの色も黄色ファミリーと見なすならこれにも大いに助けられていますし、Takara 焼酎ハイボール(ドライ)の缶の色も黄色ファミリーならそれにも今夏は助けられました。


image.jpg


掲出の画像は約三か月ぶりにお伺いしたJazz Bar Wishy-Washy さんでの一景。
お店オリジナルのダイナマイトなロングカクテル、<ウィッシー・ウォッシー>です。
こちらでは美味しいお酒に加え、心地よく響くjazz、そしてママさんとの語らいに大いに癒されています。

日々、感謝です。 


posted by ぺろんぱ at 21:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記