2014年10月29日

69 sixty nine 、 ヒュウガ・ウイルス


 街にはコート姿がちらほら。ロングブーツ姿もちらほら。あっという間に冬ですか。「立冬」も間近。

前回記事の『ヒゲのウヰスキー誕生す』は、竹鶴夫妻の人生譚であると同時に日本でのウイスキー誕生譚でもあり、また鳥井信治郎氏(サントリー創業者)と竹鶴氏(ニッカ創業者)のそれぞれの経営理念(の相違)譚でもありました。いろいろ勉強になりました。

ということで今は再びどっぷりと龍ワールドに浸かっています。
村上といえば春樹だった私ですが、人生何があるか分かりませんね。いえいえ、私はこれからもやっぱり“春樹小説は永遠のもの”です。


『69 sixty nine 』(村上龍著・文春文庫)は既に読了しましたが、現在は『ヒュウガ・ウイルス』(同著・幻冬舎文庫)を読むと共に『69』も再読しています。

image.jpg


( 69 sixty nine はこんな本 )
 1969年。安田講堂事件が起き、東大は入試中止。アポロが月に行き、ビートルズが「アビーロード」を、ローリング・ストーンズは「ホンキー・トンク・ウイメン」をリリースした。ベトナム反戦運動が高まり、基地の町・佐世保で、僕は高校をバリケード封鎖した。明るく楽しく生きる精神のエネルギーに満ちた日々を描く、永遠の古典。(ブックカバー裏面の解説より転載させて頂きました)

こんなに楽しい小説を書く人だったのですね、龍さん。 これはサイコーの青春小説だと感じました。
ある種の美化はあるでしょう。でも小説なのだからよいのです。
龍さんの表の部分もあれば裏の部分もあり、輝いてパワフルなだけじゃない、陽のあたっていない籠ったものの存在も感じ取れます。でもそこが私には魅力的でした。
それこそ10代だった頃に出会いたかった一冊ですがその頃には未だ本書は書かれていないわけで、これが刊行された1987年にさえ手に取る事が無かった私には所詮「後の祭り」でしかありません。あ、この「祭り」が一つのキーワードです、この小説。
結局2014年の今、人生の折り返し地点をとうに過ぎた年齢で読んだわけですが、今読んでもこの小説はとても楽しくてワクワクしましたし、不思議な力も貰えました。
今だから分かることも。
それは例えば、主人公が好きだった女の子が語った「うち、ブライアン・ジョーンズの、チェンバロの音のごたる感じで、生きていきたかとよ」の言葉。そのように生き続けることが実はとても難しいことだということが、若くはない今だから分かるのかも。この年齢で読んだからこそ「サイコーの青春小説」と思えたのかも知れません。
しかしどうしようもない悲しさも残りました。
それは龍さんの「あとがき」の言葉を借りれば、「時間的資源はある、だがどんな時代でも若者は無力だ」という若者の時代をとっくに通り過ぎて、今は「時間的資源も失くしつつある、無力なままの大人」になってしまった自分をひしひしと感じたからです。

『ヒュウガ・ウイルス』は未だ半分にも達していないところ。『五分後の世界』、時空のずれたあの世界のその後を知りたくて手に取りました。いまのところは「五分後の世界」ほど手強くはないですが、それでも、脳にムチ打ちながら読んでいます。

余談ですが、いま仕事で一番連絡を取る機会が多いのが某社の村上(さん)姓の女性です。「村上」で明け、「村上」で暮れる今日この頃です。


image.jpg


先週ヘヴィーな二日酔いを体験したというのに懲りない私は美味しい冷酒をいただいております・・・の画。
「資源」とはもう呼べない枯渇しゆく時間のなか、しかしそれが続く限りはアルコールと仲良く付き合っていきたいです。
そのためにも心と身体をうんと労わっていかねば。皆さまも、どうぞご自愛くださいませ。


posted by ぺろんぱ at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月19日

『五分後の世界』補足、そして『ヒゲのウヰスキー誕生す』

 
 秋の清々しさは心地よいものですが、早朝の空気は冷気をはらんできましたね。
寒さが苦手な私には油断のならない季節になってきました。

温か〜いお酒が恋しくなる頃です。熱燗、焼酎のお湯割りに加えて、今年はウィスキーのお湯割りもイイですね。マッサン、エリー、頑張って!


image.jpg



またしても「前回の記事に補足」から始めます。
『五分後の世界』は、延々と続く戦闘シーン(ワカマツ・ライブの暴動シーンも然り)に神経が麻痺しそうでした。俯瞰して捉えるのではない、主人公・小田桐の目に映る全てのモノの存在を凝縮された時と空間に間近に捉え、物質一つ一つの組織・細胞までもが蠢いているかのように、瞬きすることなど一切ないかのように目を凝らし果てしなく執拗に描き続ける文体。
ある種の危険な薬をやる人にはとにかく五感が研ぎ澄まされる瞬間があり、(幻覚・幻聴とは違って)本来見えないものが見えたり一般には聞こえない音域の音まで感知してしまうことが起こりうると何かで読んだことがあるのですが、これを読んでいるとまさに龍さんがそういう状態で書いているのではないかと思ってしまうくらいでした。勿論違いますけれど。

しかしそんな延々たる文章の中に村上龍さんが追い求めているものはたった一つで、それは「国のあり方と人間の生きるべき姿」だったと思います。
あまりに微に入り過ぎて複雑ともとれる文章と比して、それはもうシンプルなまでに混ざりけなく。または圧倒的に迫り来る大きな烈しい世界観に比して、それはもうコンパクトなまでに直接的に。
その政治的思想の是非、或いは賛同できるか否かは別として、地鳴りのように響いてくる文章はパワフルで、読んでいて、人生に迷っている若者が今これを読んだら「よし俺は中東に行って闘おう」とか思ってしまうかもしれないな、と感じたりしました。

政治的思想と書きましたが、以前に読んだ龍さんの幾冊かでは特にそれを感じることはなかったのは何故だろう、、、それに、もう少し追ってみれば違うものも見えてくるかもしれない、、、。
そんな想いで次は『五分後の世界』の続編とされている『ヒュウガ・ウイルス』か、『希望の国のエクソダス』か、トーンを変えて『69 sixty nine 』とか、とにかくその辺りをいってみようかなと思っています。


image.jpg


が、その前にこの一冊に出会ったので今はこちらを読み進めています〜。
前記事にコメントして下さったビイルネンさんのご紹介で『ヒゲのウヰスキー誕生す』(川又一英著・新潮文庫)を今は日々携えています。


(こんな本)
いつの日か、この日本で本物のウイスキーを造る――。大正7年、ひとりの日本人青年が単身スコットランドに渡った。竹鶴政孝、24歳。異国の地で、ウイスキー造りを学ぶ彼は、やがて生涯の伴侶となる女性リタと出会う。周囲の反対を押し切って結婚した二人。竹鶴は度重なる苦難にも負けず夢を追い、リタは夫を支え続けた。“日本のウイスキーの父”の情熱と夫婦の絆を描く。増補新装版。(ブックカバー裏面の解説より転載させて頂きました)

NHK朝ドラ『マッサン』を見ているのでとにかく読める読める、面白いです。
勿論、ドラマとは全く別ものですので、誇張も奇をてらった表現もない正統的な竹鶴氏とリタ夫人の人生譚です。表紙を繰っていきなり現れる竹鶴政孝氏のテイスティング姿の写真には感動に近い想いが沸き起こりました。
過激な小説で脳に鞭打つのはちょっとお休みして、幸せな気分に浸って読みたいと思います。ピイルネンさん、ご紹介くださりありがとうこざいました。



image.jpg


そして今日の一枚はニッカウヰスキーの〈 竹鶴 ピュアモルト〉。マッサンのウイスキーです。
実家帰りの週末、近隣の酒屋さんで買ってきて早速に開栓。
先ずはショットグラスに注いでストレートで。

うん。香はチェリーを思わせる仄かな甘さ。口に含めばその甘みが滑らかに拡がり、喉越しの瞬間には微かなスモーキー感も。まさにハンサム・ウイスキーだと感じました。美味しゅうございました。

秋の夜は深し。
『深夜食堂・3』もいよいよ始まります。かわいい




posted by ぺろんぱ at 19:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月03日

今の小説二冊、そして「マッサン」のこと


空が澄んで、高いです。

青い空と浮かぶ雲に手が届きそうなくらいに近かった、あの日のたくさんの人たち。
心からご冥福をお祈りいたします。


  もう少し早くに訂正したかったのですが今になってしまいました、前記事の『空港にて』のタイトルに付いての私見。
全て読み終えてみて分かったのですが、収められている短編は全て、主人公たちが(何らかの状況に精神的に逼迫、或いは疲弊し)海外へ旅立つことに自らの拠り所を求めるというシチュエーションになっていました。全編それぞれに、何らかの形で海外へ向かうことになる主人公たちがいました。最後の一篇(「空港にて」)はまさに旅立つ直前の一人の女性の姿が描かれていて、ストーリー的には全く何の繋がりもない全八編の作品が、「空港にて」の一篇で一気に引き合い昇華されたかのような、「空港にて」が全篇の象徴でもあったかのような、そんな想いに包まれました。単に「空港にて」に“思い入れが強かった”だけでは決してない、主人公たちの希望にも似た、著者の新たな想いで付されたタイトルだったのではないかと感じた次第です。
前記事の私見を訂正します。


image.jpg


そんなこんな(どんな?)の今、私の併読中の二冊『みなさん、さようなら』(久保寺健彦著・幻冬舎文庫)と『五分後の世界』(村上龍著・幻冬舎文庫)です。「みなさん、さようなら」は近年に映画化もされましたね。
どちらも引き込まれてしまって(『みなさん、さようなら』は中盤を過ぎた辺り、悟が何故団地を出られなくなってしまったかが分かってからグンと。『五分後の世界』はもう最初っからとにかく異次元の物語世界に飛ばされてしまい、村上龍すごい、と思いながら読んでいて)、どちらか一冊ずつに集中して読もうと何度か試みたのですが、どちらも一旦中断というのが出来なくなってしまいました。このまま二冊併読で読了へと進みます。

 さて、NHK朝ドラ『マッサン』が始まりました。
美味しいウィスキーを呑みたくなります。みゆきの唄う主題歌「麦の唄」もまことによろしいです。(11月12日にみゆきの最新アルバム『問題集』が発売予定です)
夜、その日の「マッサン」の録画をゆっくり再生しつつ、今度はニッカの<竹鶴><余市>それに<スーパーニッカ>なんかを改めて味わってみたいものだと思っています。


image.jpg


この掲出画像はバーボンですが。
大好きなワイルド・ターキーをワイルドにオン・ザ・ロックで。 ちょっとモノクロームに加工してみました。
モノクロ画像を改めて見てみると、小説の世界と同じで異次元の世界みたいで現実感が希薄になり、現実世界の「今」ではすっかり酔っているのに何だかまだまだ呑めてまだまだ酔えそうな気がしてきます。イケマセンネ。


posted by ぺろんぱ at 19:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記