2014年11月28日

Nのために、そして今年のボジョレー



  龍ワールドから一旦抜け出て今はこちらを読んでおります。
『Nのために』(湊かなえ著・双葉文庫)です。

連ドラのチェックはNHKの大河と朝ドラ、それと少し前から「深夜食堂3」とそれくらいのものでしたが、今回の『Nのために』(TBS、金曜10時)には何故かハマってしまいました。
原作を読むのは最終話を観終えてからにしようと思っていたのですがドラマは何しろ週一の進行なので、辛抱たまらず買ってしまいました。

image.jpg


登場人物たちは既にドラマで監督氏の演出とそれぞれ演じる俳優さんたちの演技とでイメージが出来あがっているため、すいすい読み進めてしまうところと、逆にドラマから受ける(私が勝手に作り上げてしまった)イメージと食い違うところもあって違和感を感じたり、それはそれで面白いものの、やはり初めに小説に触れていたらきっともっと想像の翼を広げる楽しみがあったろうにと今になってやっとこの本を手に取った自分にちょっと悔しい思いです。

ただ、ストーリーテラー的な役割も担っていると思われる高野茂という男性はどうやらドラマだけのオリジナル・キャラであるようで、そうなると彼が絡む多くの設定がドラマ独自の脚色ということになり、それは少なからず残念に思いました。ドラマでのこの高野の存在が私には❝何かにちゃんと、誰かにちゃんと、見守られている❞という安心感を与えてくれていて救いでしたから。

ドラマで演じておられる俳優さんたちは皆それぞれイイです、とても。
窪田正孝さん、小出恵介さんは以前から好きで、榮倉奈々さんは本作で初めてイイなぁと思えた女優さんです。「N」以外では先述の高野という人物は三浦友和さんが演じておられます。友和さんにやはりお似合いと思う誠実な役柄に安心感と同時にドラマの安定感を感じるのです。

それにしてもこうして同時に(ドラマより本を読む方がかなり出遅れましたが)一つの作品世界に触れていると、湊さんの文章のストレートでぐいぐい来る力と、ドラマの脚色と演出の緩急付けてじわじわ迫りくる力と、両方とも引き込まれます。活字と映像と、まったくの別物ながら共に力を感じます。

「Nのために」、どう着地するのかな。


image.jpg


  戴き物のボジョレー<ヴィラージュ・ヴァン・ド・プリムール>です、ありがとうございます。
少し冷やして開栓し、グラスに馴染ませてから愛おしく一口、いただいてみました。 香り華やか。ボジョレーっていつもはそんなに美味しいって思わないのですが、これはフレッシュな中にもしっかり感があって美味しかったです。


image.jpg


もう12月が直ぐそこに。
少し前に撮った実家近くの公園の木々の色づきです。

皆さん、どうぞ佳い12月を。



posted by ぺろんぱ at 19:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月12日

続・龍ワールド、そして『問題集』(中島みゆき新譜)


街にはいたるところにクリスマスのオブジェが出現。 今年もあと50日足らずかぁ。

image.jpg



今は引き続き龍ワールドの中にいます。
切り口がシャープで時に辛辣ですが、小説とはちょっと違ってとにかく肩に力を入れずに読めるエッセイ2冊(「すべての男は消耗品である」シリーズからの2冊)、日本古来の昔話に経済から人生に至るまでの投資論を絡めた物語『おじいさんは山へ金儲けに』の1冊、そして自伝ともとれる小説『はじめての夜 二度目の夜 最後の夜』の1冊。
特に『はじめての夜・・・』は“69 sixty nine、大きくその後 ”とでもいうような小説で中々に面白く且つ切なく、一気に読めてしまいました。
一見スノビズムのようで実はその対極的なものがあり、一見センチメンタリズムなようで実はそれをバッサリ切り捨てるような龍さんの感覚があり、偽物ではないピュアさを感じて、龍ワールドには酔えます。
ついでに田口ランディさんの作品で未読だったものを見つけたので(短編集『ミッドナイト・コール』)、それを読み終えたらまた“脳にムチ打ちながら読む龍さん小説”に再突入したいと思っています。


image.jpg



そんなこんなの中、中島みゆきの新譜『問題集』(40枚目のオリジナルアルバム)を買いました。
<収録曲>
 1.愛詞(あいことば)
 2.麦の唄
 3.ジョークにしないか
 4.病院童(びょういんわらし)
 5.産声
 6.問題集
 7.身体の中を流れる涙
 8.ペルシャ
 9.一夜草(いちやそう)
10.India Goose

ピンクのジャケットはみゆきアルバムで初めて? びっくり。
「3Dの感じでお願いしますって。ピンクのめまい(笑)」とは御本人・中島みゆき談。手にとってみるとこの総ピンクには逆に凄みを感じました。

本作は2曲目にNHK朝ドラ『マッサン』の主題歌「麦の唄」収録、1曲目には中島美嘉への提供曲「愛詞」のセルフカバーです。6曲目の「問題集」以降の5曲は11月15日から始まる<夜会vol18〜橋の下のアルカディア〜>で使われる曲、とか。

いとおしくジャケットを解いて早速聴いてみました。
パワフルなオープニングから次々に曲を、詞を、ひたすら追う。
「問題集」のロックなリズムから一転、「身体の中を流れる涙」の直球‘ド’ストライクの深い❝みゆき節❞には不意を突かれた感じで涙さえにじむのでした。
そして最終曲「India Goose」にはやっぱり圧倒され・・・。
「飛びたて 飛びたて 戻る場所はもうない
 飛びたて 飛びたて 夜の中へ」
リフレインが心に響き続けました。

中島みゆきといえば思い出す、みゆき信者ともいえる全夜会出席のMっちぃさん。今はどうしているかなぁ・・・お元気ですか。


image.jpg

さて、かなり久々にお伺いした立呑み・酒舛さん(阪神杭瀬駅より北へ徒歩3分)。相変わらず盛りの良いグラスワインとお任せ3種ちょこっと盛りのディッシュ。
ゆるゆると流れてゆく時間です。しかしながらいつも通りの独りサク呑み・滞在時間50分、すみません。美味しゅうございました。



posted by ぺろんぱ at 21:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記