2015年02月11日

岩合光昭写真展 ネコライオン


 先日の仕事帰りに京都まで足を伸ばし、美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)に『岩合光昭写真展 ネコライオン』を観に行きました。

image.jpg


岩合光昭さん、イイですよね。猫好きだけでなく動物好きな人は多分みんな岩合さんのファンなのではないでしょうか。
今回の写真展のテーマは「ネコライオン」「ネコは小さなライオンだ、ライオンは大きなネコだ」というものです。

約150点の作品はネコ、そしてライオンたちの様々な暮らし、そしてその生きざまを伝えてくれていて、どれも立ち止まって見入らずにはいられませんでした。
思わず頬ずりしたくなるような愛らしい表情のネコやライオン(ライオンに頬ずりは命がけですが)、クールで哲学的な表情のネコ、冷静に風と空気を読んで来たる狩りの時に備えようとするライオン、漁師さんの放り投げる魚に我れ先にとジャンプして飛びつく猫、壮絶な闘いの果てに収穫した獲物の息の根を止める瞬間のライオンと、彼らの「生」が実にありありとそこに存在しているのでした。某作品のキャプションにあった言葉をお借りするなら「彼らは生き抜く努力をしている」ということなのでしょうね。

岩合ワールドに浸りました。
岩合さん、そしてたくさんのネコライオンたち、佳き時間をありがとう。

image.jpg

コピーライトマークMitsuaki Iwago ※岩郷さんの作品(絵葉書)の一部を拡大掲載させて頂きました


ウチ猫a.が逝って来月には一年を迎えます。
生きとし生けるネコ、ライオン、いいえトラもイヌもトリもサカナも全ての生き物たち、頑張って生きるのだよー。
そうそう、美術館を出たところには「我が家のネコライオン」を撮ったたくさんの写真がディスプレイされています。どれも愛情がいっぱい詰まった力作でした。


image.jpg


夜空にくっきりうかぶ京都タワーの姿をスマホで撮りました。
京都の夜酒を楽しみたい気持ちをぐっとこらえて急ぎ足で帰途に着きました〜、もちろん帰宅後は熱燗をぐいぐい。


image.jpg


あ、こちらの画像は某日の仕事帰り、友人とのちょい呑みです。
天満の某・立呑み店の<風の森・無濾過無加水(生原酒)>です。このお酒、必ずラインナップに加えてあるお店が神戸でも何軒かあって何度か呑みました。確か奈良のお酒で、わりと好きなタイプです。

2月は逃げてゆくー。もう約半分が過ぎようとしていますね、速い速い。
いっつもそんなふうに、ただ思うばっかり・・・。







posted by ぺろんぱ at 20:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記