2019年03月27日

まく子   「撒く」には再生の願いが込められいるらしいです


  『まく子』(鶴岡慧子監督、原作は西加奈子)を観てきました。シネリーブルにて。
草g剛さんが出ておられる予告編に惹かれるものがあって。

                      まく子.PNG                

「撒く」ことは風に飛ばされずに落ちてゆくこと。そして落ちてゆくことは美しい、、、これは劇中の言葉です。

撒かれるものたちには消えゆく瞬間の魔力みたいなものがあるのでしょうか。
その魔力みたいなものが再生へとつながるんでしょうか。
でもその「再生への転換」を鑑賞後の今も上手く言葉に表せなくてもどかしいです、私にはそれを解する純粋さが足りないのでしょうね・・・。

子どもはもがいているのね。
でも大人ももっともがいている、と思うのです。

社会に適応しきれない青年ドノ。道ならぬ恋に苦しむ女性チカ。家族を愛しながらも良き夫良き父にはなれない光一(演じるは草gさん)、その妻明美。
親子で楽しむにはきっととてもいい映画だと思いつつ、私はそっち側(上手く生きれてない大人たち)のヒリヒリ感をもっとダイレクトに見たかった気がしました。

でも父子(草g剛さんと山ア光クン)が食卓で向き合うシーンはよかったなぁ。
熱っつあつの白ご飯のお握りを食べたくなったよー、すごく美味しそうでした。(^^)


本作の作品世界、映画化は難しいと言われてきたようです。
原作の西加奈子さんに興味を持ち、映画のあと早速ベストセラーになった『さくら』を購入しました。
早く読みたいのですが、現在村上龍の長編小説『歌うクジラ』と苦闘しているので(まさに苦闘の世界!)『さくら』のページを開けるのはもう少し先になりそうです。


                      TRにて.jpg

いつだったかの、友人夫妻のお店での美味しい白ワインの画。

先日、何故かまだ若かりし頃の清原選手に「休肝日つくってるか?」と聞かれているを見ました。

つくってません。




posted by ぺろんぱ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月19日

グリーンブック  ちょっとだけ感想を記します


   先日の再開ブログでも記しましたがTシネマ会員カードを久々に更新しました。

それで、その他にもずっと期限が切れたままだった図書館の貸出しカードとツタヤの会員カードをこれからは少し時間の余裕もできるかなと更新に出かけた帰り、ふと、一番期限切れしてるのは自分自身じゃなかろうか・・・と思いました。


 3月最初のレディースデーに観に行った『グリーンブック』(ピーター・ファレリー監督)の感想を少しだけ書かせて頂きますね。アースシネマズで鑑賞。

            グリーンブック .jpg

 本年度アカデミー賞「作品賞」に輝きましたね。
主演のヴィゴ・モーテンセンは役作りのために20kg近く体重を増やしたそうです。
10年ほど前のヴィゴさんの写真を持っているのですが・・・まるで別人です。でも撮影後は細身でcool!なヴィゴさんに戻っておられて、、、役者魂畏るべし!

 人種差別が当然のこととして残る1962年のアメリカでの天才黒人ピアニストと彼に雇われた用心棒のお話なのですが、私が最も印象に残ったのは、ピアニストのシャーリー(演じるはマハーシャラ・アリ)が黒人であるということとは別に心に抱えて(秘めて)いたある事について描かれていたシークエンスです。

ある事件があってそれが用心棒であるトニー(演じるはヴィゴさん)に分かってしまうのですが、トニーがシャーリーに言うんですよね、
「(俺は長年クラブで働いてきたから)世の中複雑なのは知ってるよ」って。

泣きました、ここ。
この言葉自体も深いけれど、それをさらりと言ってのけるトニーの「俺は受け止めるよ」という人間力も実はとても深かったのだなぁーって思いました。
唐突に挿入された、長くはないシークエンスなのですが、あのシーンだけでも私はもう一回観たいですね。


                      貴仙寿.jpg
 
さてさて、アルコールの摂取量の記録は更新してばっかり・・・です。


posted by ぺろんぱ at 20:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月15日

『 ウトヤ島、7月22日 』 ブログ再開させて頂きます


  今年は桜の開花も早そうですね。

四年振りにこの投稿ページを開いてキーを叩いています。

唐突に拙ブログを再開させて頂く思いに至ったのは、この1月から2月に自身に起こった出来事で、(ゾンビは来ていないけど)人生見つめ直したから、とでも言っておきますね。
※ゾンビ物は超苦手なのでNHKのあのドラマは面白そうだったけれど私は観ていません。

 今年に入っての劇場鑑賞作品4作目は『ウトヤ島、7月22日』(エリック・ポッペ監督)でした。
2011年7月22日に起こったノルウェーのウトヤ島での無差別銃乱射事件をワンカットで描いた作品です。
シネリーブルにて鑑賞。

本作を観たのは昨日14日のハッピーサーズデー(会員は割引価格で鑑賞できるので)でしたが、拙ブログ再開をぼんやり考えながらの翌日朝、ニュースでNZで起こったテロ事件を知り愕然としました。
監督が映画字幕テロップで「テロの域は広がっている」と言っていたのを思い出しました。
 
              3538D455-9C6C-457E-9161-C49316645337.jpeg

監督は最後にこうも言っていました。
「これは事実を基にしたフィクションでありドキュメンタリーではない 真実は一つにあらず」と。

でもウトヤ島で77人の未来ある若者が殺され、いまだに数多くの人々が深刻な心的外傷に苦しんでいるのは事実なのですよね。

72分間ワンカットで撮られた映像と音が360度迫り続けてきました。
言葉を失った感じがしてエンドロールが終わっても直ぐには席を立てませんでした。

明確な殺意をもって72分間銃を撃ち続ける狂気って一体何なのでしょう。
命を落とした人、命を残した人、それを分けるものって何なのでしょう。
答えは出ません。監督の「真実は一つにあらず」っていうのはそういうことも含んでいるのでしょうか。


  因みに今年に入ってから劇場鑑賞した他の3作品は下記です。
『猫とじいちゃん』、 『グリーンブック』、 『運び屋』、です。いずれもアースシネマズにて鑑賞。
『グリーンブック』は後日に少しだけ感想を書かせて頂くかも、です。


                     657F4003-D7D5-4ED0-A6A9-F9A8C1A3F7CD.jpeg

いつかのスタンディングBARでのジャックダニエルのオン・ザ・ロックです。

拙ブログ、細々としか進められませんが再びこれからもよろしくお願いいたします。


posted by ぺろんぱ at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記