2019年03月15日

『 ウトヤ島、7月22日 』 ブログ再開させて頂きます


  今年は桜の開花も早そうですね。

四年振りにこの投稿ページを開いてキーを叩いています。

唐突に拙ブログを再開させて頂く思いに至ったのは、この1月から2月に自身に起こった出来事で、(ゾンビは来ていないけど)人生見つめ直したから、とでも言っておきますね。
※ゾンビ物は超苦手なのでNHKのあのドラマは面白そうだったけれど私は観ていません。

 今年に入っての劇場鑑賞作品4作目は『ウトヤ島、7月22日』(エリック・ポッペ監督)でした。
2011年7月22日に起こったノルウェーのウトヤ島での無差別銃乱射事件をワンカットで描いた作品です。
シネリーブルにて鑑賞。

本作を観たのは昨日14日のハッピーサーズデー(会員は割引価格で鑑賞できるので)でしたが、拙ブログ再開をぼんやり考えながらの翌日朝、ニュースでNZで起こったテロ事件を知り愕然としました。
監督が映画字幕テロップで「テロの域は広がっている」と言っていたのを思い出しました。
 
              3538D455-9C6C-457E-9161-C49316645337.jpeg

監督は最後にこうも言っていました。
「これは事実を基にしたフィクションでありドキュメンタリーではない 真実は一つにあらず」と。

でもウトヤ島で77人の未来ある若者が殺され、いまだに数多くの人々が深刻な心的外傷に苦しんでいるのは事実なのですよね。

72分間ワンカットで撮られた映像と音が360度迫り続けてきました。
言葉を失った感じがしてエンドロールが終わっても直ぐには席を立てませんでした。

明確な殺意をもって72分間銃を撃ち続ける狂気って一体何なのでしょう。
命を落とした人、命を残した人、それを分けるものって何なのでしょう。
答えは出ません。監督の「真実は一つにあらず」っていうのはそういうことも含んでいるのでしょうか。


  因みに今年に入ってから劇場鑑賞した他の3作品は下記です。
『猫とじいちゃん』、 『グリーンブック』、 『運び屋』、です。いずれもアースシネマズにて鑑賞。
『グリーンブック』は後日に少しだけ感想を書かせて頂くかも、です。


                     657F4003-D7D5-4ED0-A6A9-F9A8C1A3F7CD.jpeg

いつかのスタンディングBARでのジャックダニエルのオン・ザ・ロックです。

拙ブログ、細々としか進められませんが再びこれからもよろしくお願いいたします。


posted by ぺろんぱ at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記