2019年03月19日

グリーンブック  ちょっとだけ感想を記します


   先日の再開ブログでも記しましたがTシネマ会員カードを久々に更新しました。

それで、その他にもずっと期限が切れたままだった図書館の貸出しカードとツタヤの会員カードをこれからは少し時間の余裕もできるかなと更新に出かけた帰り、ふと、一番期限切れしてるのは自分自身じゃなかろうか・・・と思いました。


 3月最初のレディースデーに観に行った『グリーンブック』(ピーター・ファレリー監督)の感想を少しだけ書かせて頂きますね。アースシネマズで鑑賞。

            グリーンブック .jpg

 本年度アカデミー賞「作品賞」に輝きましたね。
主演のヴィゴ・モーテンセンは役作りのために20kg近く体重を増やしたそうです。
10年ほど前のヴィゴさんの写真を持っているのですが・・・まるで別人です。でも撮影後は細身でcool!なヴィゴさんに戻っておられて、、、役者魂畏るべし!

 人種差別が当然のこととして残る1962年のアメリカでの天才黒人ピアニストと彼に雇われた用心棒のお話なのですが、私が最も印象に残ったのは、ピアニストのシャーリー(演じるはマハーシャラ・アリ)が黒人であるということとは別に心に抱えて(秘めて)いたある事について描かれていたシークエンスです。

ある事件があってそれが用心棒であるトニー(演じるはヴィゴさん)に分かってしまうのですが、トニーがシャーリーに言うんですよね、
「(俺は長年クラブで働いてきたから)世の中複雑なのは知ってるよ」って。

泣きました、ここ。
この言葉自体も深いけれど、それをさらりと言ってのけるトニーの「俺は受け止めるよ」という人間力も実はとても深かったのだなぁーって思いました。
唐突に挿入された、長くはないシークエンスなのですが、あのシーンだけでも私はもう一回観たいですね。


                      貴仙寿.jpg
 
さてさて、アルコールの摂取量の記録は更新してばっかり・・・です。


posted by ぺろんぱ at 20:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記