2019年05月13日

チョコレートドーナツ(DVD鑑賞)    Any Day Now


映画館での新作鑑賞から遠ざかっていた数年の間、訪問させて頂いていたブロガーさんたちのところで「いいなぁ」と思えた作品を<My いつか観るリスト>にしてきました。
幾つかは鑑賞が叶ったもののリスト消化は遅々として進まず、週末の一日、“それ”をメインテーマに過ごしてみました。といっても二本のみなのは情けないかな。

一本目は『チョコレートドーナツ』(トラヴィス・ファイン監督)です。

1970年代アメリカの実話をもとに、母親に見捨てられたダウン症の少年マルコと一緒に暮らすため周囲の偏見と闘うゲイのカップル(ルディとポール)の姿を描いたドラマです。


any day now - コピー.JPG


 同性愛に切り込んだ映画って、希望の持てるラストであったとしても何処かもの悲しい余韻を残すものですが、ここまでつらい出来事が待っていたとは。
現代は『any day now』ですが邦題の『チョコレートドーナツ』から勝手に私が描いていたイメージは少年マルコ自身が望んでいた「(物語は)ハッピーエンドでね」でしたから。

法律は時に残酷ですね。本来は苦しみに喘ぐ人々を救うためのものであったのではなかったか?
何がより良い方法かではなく、何がより正当性が高いかを追求する法廷シーンには見えない壁の大きさに打ちひしがれる思いでした。

ネグレクトだけでも問題なのに麻薬常習者なんですよ、あの母親は。
それでも母親の養育権が是とされるのは余程ゲイに対する偏見と差別が大きかったかということですね・・・1980年目前アメリカ・カリフォルニアの話なのに。

今起きていることを、その経緯を、抱けるかもしれない希望を、、、きちんとマルコに伝えられない(マルコが上手く理解できない)であろうことがとにかく悲しすぎて。さまよい続けた三日間、マルコは何を思ったのでしょうか。
彼が二人を求め続けた思いを想像することが一番つらく悲しいです。


ルディを演じたアラン・カミングの熱き歌声がいいです。ぴかぴか(新しい)
歌の文句で本作の原題でもある「any day now」が残された二人ルディとポールの心の叫びでした。


                     ハイボール - コピー.jpg
                   
こういう映画の後はハードリカーをガツンと呑みたくなるのですが、今日の画はハードリカーを炭酸水で薄めたハイボールの画です。

薄いので呑んでもあまり酔いません。でも呑み過ぎたら酔います、当たり前ですが。



posted by ぺろんぱ at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記