2019年07月28日

ワイルドライフ     やっぱり幸せのかたちはひとつ


 シネリーブルで『ワイルドライフ』(ポール・ダノ監督)を観ました。

当初はあまり興味を抱いていなかった本作ですが、ふとしたことでちょっと観てみたい気になり今回の鑑賞になりました。

観終わって・・・・・グレもせずブレもせず、決して自分を見失うことなく成長していったジョーをただただ称えたい、です。


                        ワイルドライフ チラシ - コピー.JPG

Story
  1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリー(ジェイク・ギレンホール)とジャネット(キャリー・マリガン)のもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。(映画チラシより)


WILDLIFE(ワイルドライフ 野生生物)って、夫婦、そして親としての姿を捨て去ってしまったあの両親二人を表しているのでしょうか。家族という形の成立しない世界の生き物として。
親だって人間だから完全ではいられない・・・でもあの二人には何だか情けなくて怒りを通りこして悲しくなってしまいました。
プライドを優先させたというけれど、山火事消火の仕事に自ら従事したのなら息子の前であのような事件を起こすなんて到底考えられない父親ジェリー。 母親ジャネットには、寂しさと不安からの不倫を貧窮と子どものせいにしてほしくなかった思いです。
夫婦二人の亀裂はジェリーの失業が切っ掛けになっただけで、何か目に見えぬすれ違いが二人の間にずっと堆積していたからに違いないと思いました。
彼らが一言でいい、ジョーに「ごめんね」と言えていたら成り行きはきっと変わってたはず。

だから本作はひたすら息子ジョーのために、ジョーのためだけに最後まで見入った感がありました、それは本当に。
ジョーを演じたエド・オクセンボールドから受ける疑いようのない真っ直ぐな印象に引き込まれたも一因でした。

だからでしょうか、ラストショットにはジョーの気持ちを思って自然と涙が出てきて止まらなくなりました。物語の展開を冷静な思いで観ていたつもりだっただけに、急に涙がこみあげてきたのは自分でも驚きでした。
ジョーがアルバイトをしていた写真スタジオ店主の「人は佳きことを記録に残そうと写真を撮る。幸福の瞬間を永遠に残したいと思うために。」という言葉が脳裏に蘇ったからでしょうか。
ジョーはただひたすら両親と一緒のあたたかい暮らしを望んでいたのだなぁと思えたからでしょうか。

あのラストショットは秀逸でした。

監督を務めたポール・ダノは俳優としても名を馳せていて、しかし「いつか映画を撮る時はきっと家族についての映画を撮る」語っていたそうです。ポール・ダノ自身にとって、本作のテーマには胸を深く去来するものがあってのことなのでしょうね。

今回も佳き作品に出会えてよかったです。



    自社ワイナリーでの白 - コピー.jpg チーズ3種 - コピー.jpg

初めて入ったお店での白ワインとチーズ。
お酒なしには生きられない・・・こんな私もある意味ワイルドライフ。



posted by ぺろんぱ at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月21日

恐竜ワールド展     自分なりの感じ方がありました


 明石市立文化博物館の『恐竜ワールド展 〜生物進化の大冒険〜』に行ってきました。

こちらは以前に拙ブログにも挙げた<江口寿史のイラストレーション展>の他、怪獣映画の特撮展、誕生50年を記念したリカちゃん人形展、巨匠と呼ばれた画家たちの青春時代を追ったものなど、ちょっと変わった視点での企画展をしてくれています。勿論、各地巡回展で単館での企画ではないと思いますけれど。それぞれ面白かったですがリカちゃん展は殊に楽しめましたよ。

本展も写真撮影OKです(ストロボは不可)。

                   ティラノサウルス - コピー.jpg
                  <肉食恐竜 ティラノサウルス想像図  展示画像より>


今回は観覧料から推察して(一般800円でした)あまり大きな期待は抱いていませんでしたが、やはり展示品は化石やレプリカが殆どでした。
それでもじっくり見ているといろいろと勉強になることがたくさんあってそれなりに楽しめました。

何より改めて、とてつもなく大きな長い長い生命の歴史を前にして、都会ではない街のこの小さな博物館で独り感慨深い思いに浸れたことがよかったです。

今から46億年前に地球が誕生。
それから8億年経った38億年前に生命(バクテリア)が誕生。
最初の魚類が海に誕生し、植物が陸に生息し始めたのが4億8500万年前から4億2500万年前
さらに年月が流れて恐竜の誕生は2億3000万年前。映画に登場する巨大恐竜の出現は更に長い年月を経たジュラ紀後期の1億5000万年前頃です。
巨大隕石衝突による、その恐竜の絶滅が6600万年前
さらに長い年月を経て再び生命が生まれ、やっとホモ・サピエンスが登場したのが20万年前
長い長い、本当に長い年月。

今、西暦2019年。
自分が生まれてからはたったの・・・。そのなんと僅かな期間であることか・・・。
展示されていた地球年表を前に一瞬クラっと眩暈がしました。
地球の変遷と生命の進化の旅の中での、塵ほどに小さな小さな私の人生。その中のさらにさらに小さな一日一日。
生きていくこと、そして生きていることって凄いことなんやと、なんだかわけもなく心にズシンとくるものがありました。


                       トリケラトプス - コピー.jpg

たくさんの化石、標本、標本レプリカに交じって実物の鉄鉱や隕石なども展示されていました。
上記写真は<植物食恐竜・トリケラトプスの全身骨格標本(レプリカ)>で凄く大きかったです。
肉食恐竜と違って佇まいは何となく穏やかでした。

「さわってみよう!」のコーナーではアンモナイト(化石)や恐竜の大腿骨(化石)の他、植物食恐竜の糞(化石)もあって一瞬 怯みました。せっかくの機会なので触りましたけどね、しっかりと。



                       来楽 - コピー.jpg

さてさて、明石に来たらお約束事のようにこのお酒を呑みます。明石のお酒です。
<来楽>(らいらく)、掲出画は某店にての無濾過生原酒タイプです。

人生も「来楽」であればよいのですけれどね・・・。




posted by ぺろんぱ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月14日

アマンダと僕     ダヴィッドの決意を凄いと思う  


シネリーブル(梅田)で『アマンダと僕』(ミカエル・アース監督)を観ました。

時折小雨のふる大阪で、リブ梅4Fから眺めるビル群はしっとりと音をひそめて佇んでいるように見えました。

<アマンダと僕 story>
夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッドは、パリにやってきた美しい女性レナと出会い恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたが突然の悲劇で大切な姉が亡くなりダヴィッドは悲しみに暮れる。そして彼は身寄りがなくひとりぼっちになってしまった姪アマンダの世話を引き受けることになる・・・。(映画チラシより)

アマンダと僕 チラシ.JPG

 しみじみと心に沁みる佳い映画を観たなぁ― という感じです。
血はつながっていても何処かぎこちなかった関係の人間同士が徐々に互いの存在感を深めてゆく、非日常が日常になってゆく、そんな日々が丁寧につむがれていました。

あれ、これって何処だろう?と戸惑う瞬間もあったくらいに説明的な描写が排除されていて、それが却って自然な流れを感じさせてくれたのかなぁと思います。

いろんな人が一度に傍からいなくなってしまう…悲しみを耐えていてもある時突然に一気に負の感情が押し寄せてきて潰れそうになってしまう…そういうの、今はすごくわかる気がします。
ダヴィッドにとっては、記憶にも残っていない母、数年前に他界した父、事件で命を落とした姉、故郷に去っていった恋人レナ。母を亡くしたアマンダも勿論だけれど、ダヴィッドが堪えきれずに泣き出したシーンには胸に熱い塊がこみあげてきた私です。

でもお姉さんが二人に残して未来につなげてくれたものは大きかったですね。
それをつなげようと一歩を踏み出したダヴィッドと彼を信じてその手をつないだアマンダをとても愛おしく感じました。

Elvis has left the building. から、
“But it’s still Okay!”なラストに優しい光を感じました。



サンボア - コピー.jpg

大阪に出たので久しぶりのサンボアBARでのハイボール。
濃くて美味しかったです。






posted by ぺろんぱ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月09日

Girl ガール     家族愛に恵まれていてよかった、せめて


シネリーブルで『Girl ガール』(ルーカス・ドン監督・脚本)を観ました。
観に行く前に抱いていたイメージに対してかなり(私にとっては)衝撃的なラストでした。
いつものことですが今回は敢えて「結末に触れる記述をしております」ことを最初に記しておきます。

story
   15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のためララは毎日厳しいレッスンを受け血の滲むような努力を重ねていくが、彼女へのライバルの嫉妬や成長による肉体の変化で彼女は次第に精神的に追い詰められてゆき・・・。(映画チラシより)

                     Girl チラシ - コピー.JPG


 文字通りの痛みと苦悶と、それを超えて余りある強固に抱き続けた夢への真っ直ぐな思い。
あれだけの痛み(壮絶な痛みも描かれます)に耐えても、ララはただひたすらに本物のGirl 女の子 になりたかったのですね。
途中、「ああ彼女は今ここで泣き崩れてしまいたいだろうなぁ…」って感じるシーンが何度も、何度も何度も何度もあって…。

周囲の大人たちはきっと心あたたかくララを支えてきたはずなのです。だけどやっぱり15歳でトランスジェンダーのララの心を、誰も完全に理解することはできなかったのですね。

「外観を気にし過ぎるのは良くないわ」
「物事の良い面を見るようにね」

ララのためにと語りかけられた言葉だったのですが、ララにとって物事の良い面って一体何なのでしょうか。

思春期の、意思の非常に強い彼女であるがゆえにララが最終的にとった行動は絶対に良くないことではあるけれど、誰にも彼女を責めることはできない気がしました。
結局ララが、それを、、強く望んで選んだ、、、のだから。

何をしようとしているかが分かった段階から画面を直視できなかったのですが、目を覆いながらも心のどこかで、ララが今そこで向き合っている現実を見届けるべきではないかとも自問自答していた私がいました。
最後には、あれほどまでのララの深く強固で切実な願いを目の前にしてただただ涙が止まらなかったです。
あまりの苦痛を前に、自分の中では拒絶反応のほうが強いと思った瞬間、何故だかもう嗚咽のごとく泣き出してしまっていました。


ララを演じたビクトール・ポルスターがとにかく透明感のある美しさで素晴らしかったです!
実際にバレエスクールに在学の現役トップダンサーとのことで、繰り返し描かれるレッスンシーンはドキュメンタリータッチでリアル感に満ちていました。
ララを必死で支えようとした父親を演じたアリエ・ワルトアルテの静かで深い憂いを湛えたような存在感も心に残りました。


                        konayashi - コピー.jpg

 この画はいつだったかのシネリーブル神戸からほど近い、世界地図が貼られていることで有名な老舗の角打ちです。
一人で入っていったら、「えっ、お客さん??」と言われてしまいました。私、スピリッツは酒呑みオヤジですから近かったらきっと「まいど」と言われるくらいになりたいところです。
世界地図を眺めながらの妄想も楽しいものでした。





posted by ぺろんぱ at 20:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月05日

バルセロナ展      ある一作との出会い   


姫路市立美術館で『奇蹟の芸術都市 バルセロナ展』を鑑賞してきました。
姫路市立美術館は改装で企画展は長らくお休みでしたが漸く再開のようです。

市美 - コピー.jpg  生憎の曇天で…


〈カタルーニャ近代美術の精華〉と銘打たれた本展は約80年に渡るバルセロナの芸術文化の流れを追うというものでしたが、テーマがワイド過ぎて表層部分をさぁーっと撫ぜたような、そんな感じでした。
それでも個々の作品にはハッと心を掴まれるものがありました。
美術展ではそういう出会いって時々ありますよね。

後世にその方面での金字塔を打ち立てた画家、彫刻家、デザイナーの名前と当時の作品が展示されていましたが、私が一番魅入られたのはモデスト・ウルジェイという名の画家の『共同墓地のある風景』という一枚でした。私は全く知らなかった画家氏です。

共同墓地というにはあまりに殺風景な荒涼とした平原で、枯れかけた草木に日没寸前の微かな、本当に微かな夕日が優しく注いでいました。
とてもうら哀しい景色でありますが、何故か淡い温もりが感じられたその作品の前で随分長く立ち止まっていたと思います。
もしかしたら美術館の照明の加減でそう感じられただけかも知れませんが、そういうのもひっくるめて私には軽い衝撃の一作でした。

その画家の作品はそれ一点のみでした。
…どんな人生を歩んだ画家氏だったのでしょう、、、モデスト・ウルジェイ。



BS.jpg

最近、自宅で作るビア・スプリッツァーにハマっています。
白ワインをビールで割ってステアするだけです。(掲出写真はイメージ画像です。)

ちゃんとした?レシピでは氷を使わないようですが私は氷をしっかり入れてぐびぐび呑んでいます。
ワインやビールの銘柄を変えたり配分を変えたり…ささやかな楽しみです。


観たかった映画を観に行ってきましたが、かなり衝撃的なラストで自分なりに消化できれば此処に記したいと思います。




posted by ぺろんぱ at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記