2019年08月27日

ロケットマン     すべてが今の彼の礎と思いたい


  アースシネマズで『ロケットマン』(デクスター・フレッチャー監督)観ました。

世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル仕立ての作品。エルトン・ジョン本人も制作総指揮として名を連ねています。

storyぴかぴか(新しい)
イギリス郊外の町で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一、音楽の才能には恵まれていた。やがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意したレジーは、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして、後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会いをきっかけに、成功への道をひた走っていくが……。 ※映画情報サイトより転載


  エルトン・ジョンはLOVEバラード集のCDを一枚持っている程度なのですが、エルトンファンの友人からはよくその名を耳にしていましたっけ。
同性愛者であることは周知のことでしたが、それ以前にあのド派手なパフォーマンスに“きっと(精神的に)いろいろある人なのだろうなぁ”とは漠然と思っていましたが、本当にいろいろある(あった)人でした、エルトンジョン。

     
                         ロケットマン チラシ - コピー.JPG


映画タイトルは<Rocket Man>ですが<Goodbye Yellow Brick Road>の曲がまるで作品のメインテーマのように何度か流されます。
エルトンのバラードの数々はどれも素敵ですが、本作を観たあとの今はこの曲が脳内ヘヴィーローテーションになっています。とても好きな一曲になりました。


  心が穴だらけで冷徹な父親。
「閉じ込められた愛」で毒を吐くことでしか子どもと接することができない母親。
そんな中で育ち、レジー少年はいつしか自分自身を愛せなくなっていたんですね。
自殺未遂シーンはこの上なく痛々しく、且つこの上なく切なく美しいものでした。

エルトンのセラピーでは「自己を許す」ことが請われていましたが(今年観た映画『ドント・ウォーリー』でも同じことが言われていましたっけ)、エルトンにとって一番許さなければならなかった対象は、誰からも愛されなかった少年の頃の彼をずーっと愛せないままでいた“今のエルトン自身”だったのですね。
セラピーの輪の中でレジー少年と対峙するエルトンの姿には胸を強く掴まれました。

同性愛者であることも、やはり辛いことが多かったのですよね、エルトン。
肉親の愛にすがりたくて思い切って打ち明けた母親が「孤独な人生を選んだと思いなさい」と彼に言い放った言葉は非常に重く、受話器を握りしめたままのエルトンと共に私も心の中で泣きました。


生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの出逢いのシーン、そしてあの名曲<ユア・ソング(僕の歌は君の歌)>が生まれた瞬間のシーン。
全編通して心に痛く辛いエルトンの姿がこれでもかと描かれ続けられていた中で、今思い出してもあたたかで柔らかく、確かに幸せを感じさせてくれるシーンでした。
エルトンを演じたタロン・エガートン本作での全曲を吹き替えなしで歌い上げています。
心に響く歌声で、その巧さには驚きでした。ナイーブな面持ちもある種の母性本能をくすぐる素敵さでした。


「未来は黄色いレンガ路の向こうにある…。」( Goodbye Yellow Brick Road より )
元の自分を消してなりたい自分になると「エルトン・ジョン」と名乗った彼ですが、元の自分レジナルド・ド
ワイトを受け入れて、どうかこれからも心を解き放つ人生であり続けてください。ぴかぴか(新しい)



                        raku namabi2 - コピー.jpg                      
  
  母親を演じたブライス・ダラス・ハワード。
好きな女優さんの一人なので彼女観たさもあっての本作チョイスでしたが、最初出てきた時にはブライス…って分からなかったです(肉付きが…)。それでもやっぱり好きな女優さんですけどね。

Goodbye Yellow Brick Road には「立ち直るまでには2、3杯のウォッカ・トニックが必要だ」っていう歌詞がありますが、ウォッカトニック2、3杯では私の立ち直りには多分足りないです。
そういえばいろいろあって今夏は大好きなジンを楽しめていません。

今はせめて今秋のジンを楽しみにしていよう…と思っています。





posted by ぺろんぱ at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月17日

トム・オブ・フィンランド     どんな形でも「愛」

 
シネリーブルで 『トム・オブ・フィンランド』(ドメ・カルコスキ監督)を観ました。

ゲイアートの先駆者としても知られるフィンランドの国民的芸術家トム・オブ・フィンランドの半生を描いた伝記ドラマです。
内容に興味があったこともさることながら、フィンランド作品ということと、主演のペッカ・ストラングの横顔にほんの一瞬だけですが故マッティ・ペロンパーの面影が被ったから…のチョイスでした。

幾つかの過激なショットも、根底にあった「愛」でさらりと流せた気がします。


                       トムオブ・・・ - コピー.JPG
story
同性愛がまだ法律で禁止されていた第2次世界大戦後のフィンランド。帰還兵のトウコ・ラークソネン(ペッカ・ストラング)は、鍵をかけた自室でスケッチブックに向かい、己の欲望をドローイングとして表現していた。彼がスケッチブックに描いたのは戦場で出会ったたくましい男たちの姿だった。妹のカイヤから広告の絵を描く仕事を紹介されたトウコは広告の世界で才能を発揮し、昼は広告会社、夜は部屋で作品作りに没頭する日々を送っていた。そんな中、トウコが「トム・オブ・フィンランド」の作家名でアメリカの雑誌の表紙を飾る。彼が描くたくましい男性のイラストは、数多くのゲイ男性たちの理想像として共感を呼び、その評判は世界中に広がっていった。    ※映画情報サイトよりの転載です。


みんな、愛を求めている。
ラストで語られたその言葉が全てだと思いました。

肉欲的な妄想が先行するアートだけれど、それも抑圧された世界故のことなのでしょうか。
誰かを愛することで、それだけのことで危険な状況を伴う時代において、精神的均衡を保つギリギリの自己表現(自己保存)行為だったと感じます、トウコのドローイングは。
だからこそ、多くのLGBTの人たちに切実に訴えるものがあったのではないでしょうか。

あのマッチョなイメージの男性の姿は、トウコ自身が戦争で殺めてしまった敵国・ソ連兵への弔いなのでしょうか?? そのソ連兵に再び命を与えようとするかのような。
そのソ連兵が憑依したかのような人物の映像が何度も挿入されていて、トウコの戦争による心的外傷の影響も少なからず感じられた作風でした。

ただ、アメリカの多くのゲイの人たちが何故あそこまで肉欲的謳歌を求めるのか、分かりえなかった私です、ごめんなさい。先述しましたが、抑圧された環境だからのことなのか・・・それでも、真に愛する人を求めるというより一時の性の相手を求めるような場面があり、そのあたりが私には上手く咀嚼できなかったのは確かです。


でもトウコとニパ(ラウリ・ティルカネン)の純粋な愛は最後まで支えたかったです、気持ちとして。外で手をつなぎたい・・・それが叶ったのはトウコがメジャーになって渡ったアメリカでのたった一度のことでしたね(やっぱりアメリカって凄い国!それだけ多様な人種の集った国だっていうことでしょうか)。
「僕たちのことを知ってもらって。」、そう言い残したニパの心が愛おしいです。

トウコの妹カイヤ(ジェシカ・グラボウスキー)の存在も素敵だったなぁ。
兄に対する拒絶からやがての心的融合へと・・・彼女もある意味で兄トウコによって人生が大きく変わってしまった人間かもしれないけれど。それを超えて兄を、そして慕っていたニパを理解したいと思たのですね。

みんな、愛を求めている。 確かにそうですよね。



                        プライムハイボール - コピー.jpg

 最近ちょっとハマっているセブン開発プライベートブランド品<プレミアム・ハイボール缶 8%>です。
甘くなく、変なレモン風味も無いのがよいです。

新幹線なら「all right! 」でも在来線ではたとえ遅い時間でも白眼視されるちゃう飲酒です・・・でも呑まずにいられない日もあるのです。
各停でこの日はお隣にどなたもいらっしゃいません、、、せめてもの言い訳ですが。

「トム・オブ・フィンランド」を想いつつの「ハイボール・イン・ザ・トレイン」です。



 
posted by ぺろんぱ at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月09日

風をつかまえた少年     風だけは等しく吹いている


シネリーブルで『風をつかまえた少年』(俳優キウェテル・イジョフォーの初監督作品)を観ました。

同題の原作(ウィリアム・カムクワンバ,、ブライアン・シーラー 共著)に基づく実話です。原作者ウィリアム・カムクワンバの少年時代をマックスウェル・シンバが、その父親役を監督であるキウェテル・イジョフォーが演じています。


     風を・・・ チラシ - コピー.JPG

Story
   14歳のウィリアムは、2001年にアフリカの最貧国マラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。(映画情報サイトより転載)


 2001年ってアメリカ同時多発テロが起こった年ですよね。
世界を震撼させた驚愕の事件も、電池でかろうじて起動させる古いラヂオで聞かねば知ることもない。そんな中、風の力で電気を起こす試作装置でイカレてしまっていたラヂオから再び音声が蘇った瞬間に大喜びする少年たち。世界の大事件も、明日の暮らしもままならない国の少年たちにはどうでもよいことだった…そのリアルさに軽い衝撃を受けたシーンでした。
その大事件のうらで、テロとは全く無関係の次元でただただ懸命に家族と暮らしを支えようとした少年がいたことに、先ずは頭をはたかれたような思いでした。

映画は終盤あたりまでずっとマラウイでの困窮の暮らしが描写され続けます、それは観ていて苦しいほど。盟友でもあった犬・カンバの死は殊に心に突き刺さりました。
追い詰められた状況下でも自棄的に暴力や犯罪の世界に走るのではなく知恵と学びの力で明日を切り開こうとした少年ウィリアムの姿には脱帽の思いでした。

ウィリアムを愛しつつも困窮のあまり彼に力を貸すことを頑なに拒む父親。
「父さんが知らないことを僕は知ってる」
最愛の父親に対してそう言わざるを得なかったウィリアムの心はどんなに辛かったことか・・・。
しかし、学び、それを“暮らしに活かす”ことの重要さをウィリアムはいわば本能的に知っていたのでしょうね、とても賢く強い子です。

愛する家族を守るために学ぶ。学んで明日への道を切り開いてゆく。
学ぶことの本当の意味はそこにあったのですね。

マラウイという国の名すら知らなかった私。
死者を弔う儀式の風習は幻想的な中に神聖なるものの存在を感じさせ、その映像はとても美しく心に残りました。
また一つ、佳き映画に出会えたことに感謝です。この映画との出会いも私にとっては「学び」でした。



無上盃 - コピー.jpg  


ラストに「神は風のごとく全てのものに触れる」という言葉がテロップで流れました。

何処にいても、そう感じることで少しは何かが変わってゆくのでしょうか、いまの自分自身も。




 
posted by ぺろんぱ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月04日

岩合光昭写真展「ねこといぬ」     ちょっぴり映画のことも記します


  書写の里・美術工芸館にて『岩合光昭写真展 ねこといぬ』を観てきました。
ここは初めて訪れた美術館です。

夏休み中でしたので子供連れで賑わっていたようですが、(地理的利便性も低いし)きっと普段はひっそりとした館なのだろうと感じました。

                     書写 - コピー.jpg
                        
館内に置かれたベンチからは、夏日を受けながら風に微かにそよぐ竹林を眺めることができました。
静かにずーっと眺めていたい気持ちになりました。


                     
                      ねこいぬ たいとる - コピー.jpg                      

 うち猫a. は天に召されてもう5年半になりますが、今も傍にいてくれている気がします。

岩合さんのBSプレミアムでの『世界ネコ歩き』も好きです、ファンはすごく多いと思います。
今年公開の岩合さん初監督の映画『ねことじいちゃん』も観に行きましたが、、、、こちらもやっぱり“猫が主役”の映画でした。じいちゃん役の立川志の輔さんには日ごろの朗々としたご活躍の姿がダブってしまって、老いや心の陰りみたいなものを殆ど感じることができなかったのですが(ごめんなさい)、その友人役の小林薫さんは流石の黄昏の存在感でした。
都会を離れて島で暮らすことを決めた美智子さん(柴咲コウ)の生き方に「そういう人生の切り替え方もあるのだなぁ」などど、いろんな“気付き”もあった作品でした。


                      ねこいぬ - コピー.jpg
                               ※撮影OKスポットでの一作

 さて本写真展。

犬好きも猫好きも満足の作品たちでした。
多分、動物って「自分を受け入れてくれる相手」を本能的に知るんでしょうね。
仲がよくて、時にはケンカ、時には猫からのツンデレを「やれやれ」的にやり過ごしている、いろんな犬たち猫たちがいましたよ。

撮影場所は実に41の地。
何気なく撮影地をメモに書き留めていっていたら最終的に国内外で41の都市・町・村になってました。
ギリシャのクレタ島、サントリーニ島なんて・・・いつか行ってみたいなぁ。(って、言うてる間に更に歳とって行けんようになる?? )

岩合氏、御年69歳。
まだまだたくさんの猫たちの(犬たちのも)写真を私たちに届けてください。ぴかぴか(新しい)


                       金時 焼酎 - コピー.jpg
  
  いつだったかの、神戸は元町の古きよき食堂でのちょい呑み。
いつ行ってもいっぱいのこちらのお店ですが何とか独り呑み席を確保。手前は勿論お水じゃなくて麦焼酎の水割りです。
こちらのお店も、混んではいても昭和な時間がゆーっくり流れてゆく空間です。
癒されました、ありがとう。




posted by ぺろんぱ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記