2019年10月31日

ドリーミング村上春樹     「ムラカミ的シュンカン」に酔う


  シネ・リーブルで『ドリーミング村上春樹』(ニテーシュ・アンジャーン監督)観てきました。
村上春樹作品を長年に渡りデンマーク語に翻訳し続けている翻訳家メッテ・ホルムさんの姿を追ったドキュメンタリー映画です。春樹作品ファンとしてこれは外せませんでした。

★こんな作品★ 
    1995年に村上春樹の小説「ノルウェイの森」と出会ったメッテ・ホルムは、20年以上にわたり村上の小説をデンマーク語に翻訳している。これまで村上の小説は世界で50言語以上に翻訳されてきたが、英語本からの翻訳はあってもメッテのように日本語から直接翻訳するスタイルは珍しかった。メッテは「風の歌を聴け」の翻訳作業をする中で、作中のある文章に思い悩む。村上春樹の世界に触れるために日本を訪れたメッテは、村上の故郷・芦屋の町を歩き、小説の舞台となった場所を巡り、村上春樹の世界に自らを浸らせていく。         ※映画情報サイトより転載


                       ドリーミング チラシ - コピー.JPG


 
  かえるくんが登場して語り始めた時、これはメッテさんの姿を追うドキュメンタリーであると同時に春樹さんの作品世界を幻想的に描くフィクションでもあるんだと思いました。

メッテさんは春樹作品と深いところで交わっています、それは文字通りの交わり。
翻訳という行為を通じて春樹さんを愛し交わっているのだと感じました。メッテさんの眼差しやちょっとした会話の端々から、それが同じ春樹作品に魅せられた者である私にも伝わってくるのでした。
たったひとつの言葉の訳語に思い悩み世界中の春樹作品翻訳家と議論を重ねる彼女。
翻訳本の装丁で試作本に対し「この色はハルキが好きじゃないかも」と作り直しを要求する彼女。
全身全霊で春樹さんの世界を自国語に変換しようとするのは愛以外の何ものでもないのです。


かえるくんは春樹さんの短編小説「かえるくん、東京を救う」に登場します。
『神の子どもたちはみな踊る』(新潮社)に収められている一遍で、とても印象深い、私も大好きな短編作品の一つです。
小説でかえるくんが何度か片桐(主人公)に語りかける言葉が映画でもかえるくんの台詞として描かれています。理解し共に闘うという意味に於いて、かえるくんと片桐の関係は村上春樹(作品)とメッテ・ホルムさんの関係と同じなんだって感じました。


ピンボール、ジャズバー、深夜の公園、空に昇る二つの月、滑り台、首都高速。
初期作品や1Q84に登場するアイテムやシーンです。
滑り台の上に座って二つの月を眺めるかえるくんの姿とメッテさんが振り返ってそれを見る姿(でもメッテさんにはかえるくんの姿は見えていない)が交錯するシーンは、今思い返しても全身がゾクっとするほどの「ムラカミ的シュンカン」(メッテさんの造語)でした。異次元でつながった瞬間です。


「完璧な文章などというものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
メッテさんはそこに「完璧な訳語」を探し求めて、身体も心も春樹さんの世界を旅するのです。

「孤独の中で成長する村上作品の人物たち」とはメッテさんの言葉です。
内面の自分と外に向かう自分、その「二重性」は現実の自分と時を超える自分との平行世界(パラレルワールド)に通じるのだというメッテさんの分析(とても愛ある分析)には、私もなるほどなぁって素直に頷く思いでした。柔らかいお声の穏やかな口調で語られるメッテさんの言葉の響きは春樹作品に触れる時の感覚とどこか似ている気がしました。

60分という短いこのドキュメンタリーですが、まさに春樹作品の魅力でもある現実と幻想のパラレルワールドに酔える作品でした。
メッテさん、そしてアンジャーン監督、ありがとうございます。ぴかぴか(新しい)



                        舷 白ワイン - コピー.jpg

 
いつだったかの、和食に合わせた優しい感じの白ワインの画です。美味しゅうございました。

美味しいお酒とともに自分の好きな小説作品や映画や音楽や、そんなのについてゆっくり語り合える時間があったらいいですよね・・・。ぴかぴか(新しい)



posted by ぺろんぱ at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月24日

おしえて!ドクター・ルース     彼女なりのサバイバル術

 
 少し状況が落ち着いてきたので久々に映画館に足を運びました。
シネリーブル(神戸)で終映間近だったドキュメンタリー映画『おしえて!ドクター・ルース』(ライアン・ホワイト監督)を観てきました。

★こんなお話★
 ホロコーストの孤児、元スナイパー、シングルマザー、3度の結婚。
時代に翻弄された、米国で最も有名な90歳のセックス・セラピストであるドクター・ルースの波乱万丈の人生を描いたドキュメンタリー。     ※映画情報サイトより


                       ルース - コピー.JPG


 生きた、実在の人の、その言葉はやはり大きい。

1930年代、ヒトラーの台頭。
激動の時代を生き抜き、常に「自分にできること」「自分がしたいこと」に忠実に、そして果敢に生きてきた人の言葉なら尚更に。

様々な人々と出会う中、自分の生死をも分ける力を持つ人々もいたわけですからルースさんは自ずと人を見極める鋭さを持っていったのかな。
父親を連行しにやって来たゲシュタポや、ドイツから逃れたスイス・ハイデンでの寄宿舎の管理人、それらへの観察眼に冷静な鋭感を見る思いでした。そういう感覚はきっと後の彼女のセラピー活動に活かされていたと思います。
「ノーマルという言葉がきらい」ときっぱりと言い放てるのも、それだけ辛苦を舐めて強さをまとって来たからなのでしょう。

思えば父親が一早く世情を察知してルースさんをスイスへ逃した事が彼女の命を救ったわけで…結果として家族を亡くした彼女の辛さを思うと苦しいですね。


彼女の幼少期から青春期がアニメーションで描かれていた事は、残存の写真やらナレーションだけでつなぐのではなくて新鮮ですごく良かったです。
ルースさんの、(苦労はあったけれど)とてもチャーミングな人間性が温もりをもって伝わってきましたから。

とにかく明るい。
全てに前向き。

どんなに違った環境の、どんなに違った性嗜好を持つ人々に対しても、常にその人たちの“人生の指針”をも示してくれるように寄り添うように温かく、且つ率直にダイレクトに回答を出してくれるルースさん。

映像は捉えていました。
どんなにその場がジョークで盛り上がっている時でも、彼女への相談が為される時に彼女の顔が一瞬とても厳しい表情になる事。緊張が彼女の中に走ることが分かるのです。
凄く真摯に相談の内容と向き合おうとするルースさんを感じました。


LGBTQに対する様々な偏見と差別の問題については、「その人の人生に敬意を持てばいい(それは無くなる)」という言葉には深く心を動かされました。
どんな人にも生きてきた日々(人生)があるという、当たり前だけど大切な事実を忘れるなということなのですね。


  でも本当は「苦しみ」がルースさんの体内に深く残り続けているのだということも

とにかく明るい彼女だけど、映画の終盤にホロコーストで家族を亡くした悲しい思い出について問われた時、口を真一文字に結んでぐっと涙をこらえる表情で言ったのが「それについては多くを語りたくない。語っても…誰も救ってはくれないから。」という言葉でした。
あんなに多くの人々を救っているルースさんなのに…。彼女の中で過去は決して過去ではないのだなぁ、と。
この言葉が実は一番深く心に残った私です。

「予定のない時もとにかく忙しく過ごす」
「常に前に進み続けることで心を保っている、それが私のサバイバル術だ」

深い苦しみが残り続けているからこそ“心を保つ”ためにルースさんは頑張っているんだなあーって思いました。

とても及ばないけど、私も私なりに頑張っていかないとなぁ。



                         IMG_4169 - コピー.jpg

呑める時にはしっかり呑んで。 明日への力となりますように・・・。



                        秋 - コピー.jpg

時には空を見上げて、そして地を見て、風を感じてみる。




posted by ぺろんぱ at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月16日

デューン/砂の惑星(録画・再鑑賞)    再び映画化されると知ってビックリ 


 先月BS録画撮りをしていた『デューン/砂の惑星』(デヴィッド・リンチ監督・脚本 1984年制作 1985年日本公開)を観ましたので短く記しておきます。

これは日本公開時に観に行きました。SF好きでしたので。

今回は再鑑賞というわけですが、当時鮮明に脳裏に焼き付いた映像は今回観てもやっぱりキョーレツ。
物語については細部は勿論忘却の彼方でしたが、今回は要所要所でメモを取りその全容把握に努めた結果、、、これって137分では到底描き切れないあまりに壮大な世界だったのだと実感するに至りました。


                        デューン映画.jpg

story
映像化不可能といわれたフランク・ハーバートの大長編SF小説を鬼才デヴィッド・リンチ監督・脚本により映画化。
人類が恒星間帝国を築きあげた遥か未来。不老不死の香料メランジの唯一の産出星である“デューン”と呼ばれる砂の惑星アラキスを舞台に繰り広げられる勢力争いを壮大なスケールで描く。。。というもの。   
 ※映画情報サイトより転載


 130分余では到底描き切れない。
だから字幕による解説や登場人物による説明的な台詞はどうしたって必要となってしまって、前半は特に情報量が次から次に押し寄せてきて付いていくのに必死状態になります。
でもそんなのを超えて、冒頭から醸される独特の世界観にはなぜか引き寄せられてしまうのです。

SFなんだから当然ですが想像を遥かに超える特異な設定の世界を、それを更に増幅させる特異な映像美で見せてくれます。
トラウマになりそうな映像もあり、不気味なものを不気味に(とことん気持ち悪く)描くところは流石のリンチ監督です。

今から35年前の映像技術でこういう世界を描き出してくれたっていうのはやっぱり凄いことなのではないかと思い、興業的に失敗したと言われつつも密かに? 語り継がれている?? のは何となく分かる気がします。

主演のカイル・マクラクラン(惑星カラダインの侯爵家子息ポール・アトレイデス役)がビジュアル的に爽やかな美青年過ぎたとことが却ってちょっぴりマイナスだった気もします(チラシのイメージも作品自体が持つイメージと違う気がするんですよね)が、同監督のドラマ『ツイン・ピークス』では人気を不動のものにしたのですよね、マクラクランさん。


作品の尺と物語性とが咬み合わなかったところは否めないにしても、とにかく終盤の闘いにおける壮大な映像は必見、途中の幾つかの気持ち悪さも必須の「記憶に残るSF作品」だと思います。

本作、再度映画化されるそうですが、今の最新の映像技術でどう生まれ変わるのかが楽しみです。


                       ワイン GONTA - コピー.jpg

晩夏のころ、友人との赤ワイン乾杯
また一緒に乾杯できますようにー。ぴかぴか(新しい)


posted by ぺろんぱ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月05日

僕のワンダフル・ライフ(録画鑑賞)     傍にいてくれるだけでいいい


  日中は暑くとも、やはり秋の空、ですね。

録画していた地上波初放送の『僕のワンダフル・ライフ』(ラッセ・ハルストレム監督 2016年制作)観ました。
続編として制作された『僕のワンダフル・ジャーニー』(こちらは別監督作品)が現在公開中ですね。

ラッセ・ハルストレム監督、やっぱり好きです。
映し出される風景がとても心地よい。そしてこの監督はとっても犬が好きなのだろうなぁ…と。

初期作品『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』では宇宙船に乗せられたライカ犬への切ない想いを感じたし、以降の作品も犬が登場するもの多いですよね、『HACHI 約束の犬』なんてワンちゃんがギアさんと並ぶ主演でしたしね。
だからやっぱりワンちゃんたちの撮り方、見せ方が凄く上手い。溢れんばかりの愛があるんですね、きっと。



                      ワンダフルライフ.JPG


Story
  ゴールデンレトリーバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生まれ変わり……。  ※映画情報サイトより転載


 イーサンに会いたい一心でというより、ベイリー自身が犬として生きる意味や自己の存在理由を追求するが故の輪廻だったように感じました。
勿論イーサンを恋い慕うベイリーの心は一貫していて、だからこそイーサンとの奇跡の再会後にベイリーが確信的にとった行動はそれまでの彼なりの集大成だったのでしょう。

しかしラストにつむがれた、「ただ、ここに居ればいい。今を一緒に生きる。そのために居るんだ。」っていうベイリーの心の中の言葉はとても心に響きました。
生きる意味をあれこれ考えて過去に囚われるよりも「今を生きろ」という、私たち人間へのエールにも聞こえて。
幾度かの輪廻を繰り返してベイリーが「学んだこと」の結果だったのですね、それが。

幾度かの輪廻。
荒んだ生活からくるネグレクト(これも虐待)を受けることになったある飼い主との日々には観ていて辛くなったけれど、自分の人生(犬生)を求めて旅に出たベイリーの本当の意味の自立には雄々しさを感じたし、それがイーサンとの出会いに繋がったのですからね・・・ベイリーは学んで、そして強くなったのですね。

生まれ変わるどのワンちゃんも本当に可愛くて、だからこそ都度の別れには落涙。
その時その時の飼い主の心(その深い部分)に寄り添おうとする姿には“命あるもの”と共に暮らすことの温かみを改めて感じさせてくれました。
孤独な警察官カルロスとシェパード犬エリーのシークエンスは好き、だなぁ^^。


物心ついた時に実家にいた犬 m. も、数年前に逝ったウチ猫 a. も、輪廻を繰り返しているのかなぁ。犬から猫への生まれ変わりもあるのかなぁ。
私だけのことで考えれば、あの時の実家犬 m. が後に あのウチ猫 a. になって私のところに来てくれたのだったとしたら嬉しいなぁとちょっとだけそう思いました。


イーサンの幼少期(ブライス・ガイザー)、青年期(K・J・アパ)、そして壮年期(デニス・クエイド)を演じたそれぞれの役者さんの顔立ちが似ていて、時の経過が自然な流れに感じました。
何より、本作に出演の全てのワンちゃんたちの演技に拍手を送りたいです。
It was wonderful! そして Good Job! です。



                       Tや 明石の地酒 - コピー.jpg
  
私のワンダフル・タイム。 癒しの時間です。
いつだったかの、独り呑み。



posted by ぺろんぱ at 21:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記