2019年10月05日

僕のワンダフル・ライフ(録画鑑賞)     傍にいてくれるだけでいいい


  日中は暑くとも、やはり秋の空、ですね。

録画していた地上波初放送の『僕のワンダフル・ライフ』(ラッセ・ハルストレム監督 2016年制作)観ました。
続編として制作された『僕のワンダフル・ジャーニー』(こちらは別監督作品)が現在公開中ですね。

ラッセ・ハルストレム監督、やっぱり好きです。
映し出される風景がとても心地よい。そしてこの監督はとっても犬が好きなのだろうなぁ…と。

初期作品『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』では宇宙船に乗せられたライカ犬への切ない想いを感じたし、以降の作品も犬が登場するもの多いですよね、『HACHI 約束の犬』なんてワンちゃんがギアさんと並ぶ主演でしたしね。
だからやっぱりワンちゃんたちの撮り方、見せ方が凄く上手い。溢れんばかりの愛があるんですね、きっと。



                      ワンダフルライフ.JPG


Story
  ゴールデンレトリーバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生まれ変わり……。  ※映画情報サイトより転載


 イーサンに会いたい一心でというより、ベイリー自身が犬として生きる意味や自己の存在理由を追求するが故の輪廻だったように感じました。
勿論イーサンを恋い慕うベイリーの心は一貫していて、だからこそイーサンとの奇跡の再会後にベイリーが確信的にとった行動はそれまでの彼なりの集大成だったのでしょう。

しかしラストにつむがれた、「ただ、ここに居ればいい。今を一緒に生きる。そのために居るんだ。」っていうベイリーの心の中の言葉はとても心に響きました。
生きる意味をあれこれ考えて過去に囚われるよりも「今を生きろ」という、私たち人間へのエールにも聞こえて。
幾度かの輪廻を繰り返してベイリーが「学んだこと」の結果だったのですね、それが。

幾度かの輪廻。
荒んだ生活からくるネグレクト(これも虐待)を受けることになったある飼い主との日々には観ていて辛くなったけれど、自分の人生(犬生)を求めて旅に出たベイリーの本当の意味の自立には雄々しさを感じたし、それがイーサンとの出会いに繋がったのですからね・・・ベイリーは学んで、そして強くなったのですね。

生まれ変わるどのワンちゃんも本当に可愛くて、だからこそ都度の別れには落涙。
その時その時の飼い主の心(その深い部分)に寄り添おうとする姿には“命あるもの”と共に暮らすことの温かみを改めて感じさせてくれました。
孤独な警察官カルロスとシェパード犬エリーのシークエンスは好き、だなぁ^^。


物心ついた時に実家にいた犬 m. も、数年前に逝ったウチ猫 a. も、輪廻を繰り返しているのかなぁ。犬から猫への生まれ変わりもあるのかなぁ。
私だけのことで考えれば、あの時の実家犬 m. が後に あのウチ猫 a. になって私のところに来てくれたのだったとしたら嬉しいなぁとちょっとだけそう思いました。


イーサンの幼少期(ブライス・ガイザー)、青年期(K・J・アパ)、そして壮年期(デニス・クエイド)を演じたそれぞれの役者さんの顔立ちが似ていて、時の経過が自然な流れに感じました。
何より、本作に出演の全てのワンちゃんたちの演技に拍手を送りたいです。
It was wonderful! そして Good Job! です。



                       Tや 明石の地酒 - コピー.jpg
  
私のワンダフル・タイム。 癒しの時間です。
いつだったかの、独り呑み。



posted by ぺろんぱ at 21:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記