2019年11月06日

JOKERジョーカー     悪を生み出したのも悪


アースシネマズにて『JOKER ジョーカー』(トッド・フィリップス監督)観ました。

バットマンのジョーカー誕生秘話とのことで、ホアキン・フェニックスも好きなので気になっていました。今になってしまいましたけれど。

本編前の予告編で、ホラー映画ダメ人間の私は『ブライトバーン』やら『IT THE END』やら目をつむるのに必死でしたが、この『JOKER ジョーカー』も静止できず目をそむけたシーンがありましたねー。


ジョーカー チラシ - コピー.JPG

Story
  孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメディアンを目指す。ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの住人ソフィーにひそかに思いを寄せていた。そして、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みるが・・・。 ※映画情報サイトより転載


救いは何一つありません。

あ、一つだけあったでしょうか・・・「ゲイリー、優しかったのはキミだけだ」っていうアーサーの台詞。
こんな台詞が吐けたのなら何処かの分岐点でジョーカーにならない生き方もあったのでしょうか。

ピエロメイクとクラウンメイクの違いは「涙」と聞いたことがあります。涙があるのがピエロだ、と。

「自分の人生は悲劇だと思っていた、でも僕の人生は喜劇だ」
「喜劇は主観だ」
「善悪を主観で決める。笑えるか、笑えないかだ。」
何という究極のエゴイズム、そこに裏打ちされた自己愛。

でも序盤にはこんな言葉も。
「つらいのはたくさんだ。」
何処までも押しつぶされたアーサーの人生を落伍者と呼ぶにはあまりに人として無責任な気がします。(ブルースの父トーマスはこの言葉を使ってしまってゴッサムに火焔を投じてしまったわけですが。)しかし、ならば誰かが救済者になりえたかというとそうじゃない。
背負ったものを悲劇から喜劇に変換することでしかアーサーは自分で自分を救えなかったのかもしれません。

ピエロダンスが象徴的。
地下鉄で事件を起こしたあと逃げ込んだトイレで踊る姿にアーサーからジョーカーへの変貌の瞬間が見えた気がしましたし、階段で踊る姿にはジョーカーとしての完全なる侵食が見えました。そして終盤の、暴徒と化したゴッサム市民を前に車上で見せるパフォーマンスには神がかり的なジョーカーの狂気が見えました。
悪(善悪を主観で決めるアーサーにとっては善行??)に恍惚となるアーサーの表情は、ピエロメイクの涙のその奥で狂気以外の何物でもなかったです。

 
観る前は、これは映画だけのオリジナルストーリーということで従来のバットマンシリーズとは一線を画す別物の作品なのだと思い込んでいました。
ですがウェイン家との因縁やブルースとの出会い、ブルースがバットマンになる切っ掛けとなったあの事件まできっちりと描かれていたことには驚きました。

ということは、ここまでのものを作ってしまったら今後このシリーズはコミカルな演出(本来はコミックスが原作の世界でしたので)はもう微塵も出来ないのでは?? 私は初期の頃のバットマンが好きでしたので何となく寂しいなぁとちょっと思ったりしたのですが・・・ラストシーンでそれまでの重苦しさをすっと別次元のステージに持っていく面白い演出がなされていました(私にはそう感じました、あの追いかけっこ)。
ということで今後のシリーズもまた観に行ってしまいそうです。

最後になってしまいましたが、圧倒的存在感のホアキン・フェニックス、すごかったですぴかぴか(新しい)



 
八重垣 - コピー.jpg 八重垣ひやおろし - コピー.jpg

<ひやおろし>と銘打たれた日本酒がお店で呑めるのもあとどれくらいなのでしょう。
美酒はその都度それぞれの美味しさを感じさせてくれますから、年が明けて新酒のしぼりたての時期にはそれを、夏になったら夏の生酒を、それぞれと真っ直ぐに向き合って楽しむのがよいのです。

お酒にいつも癒され救われています。ありがとう。ぴかぴか(新しい)

  


城下の木の下で佇む猫 - コピー.jpg

そしてそして、散策タイム時にふと見かけた孤高の猫。ぴかぴか(新しい)
たった独り、ただ独りで、長い時間ずっーと大樹の下でどこかの一点をじっと見据えながら佇んでいました。
私もじっと見ていました・・・心持っていかれました。
いろいろあるけど互いに頑張ろうな。



posted by ぺろんぱ at 19:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記