2019年12月18日

シュヴァルの理想宮     真に築いたもの


 シネリーブルで 『シュヴァルの理想宮』(ニルス・タヴェルニエ監督) を観ました。

リーブルでチラシを手にしてからずっと観たくて公開を待っていました。(無事に観ることができてよかった。)

本作、何がシュヴァルをそこまで引っ張り続けたのか・・・。
観終わって感じたのは、言えなかった家族への想いが彼の背を押し続けたということ。彼は宮殿を造ることで家族(の絆)を築き上げたのだということ、でした。


                        シュヴァル チラシ - コピー.JPG

Story
   フランスに実在する建築物で、ひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」の実話を映画化したヒューマンドラマ。
フランス南東部の自然豊かな田舎町。寡黙で空想好きの郵便配達員シュバルは、変わった形の石につまずいたことをきっかけに、愛娘アリスのために「おとぎの国の宮殿」を建てることを思いつく。さまざまな苦境に直面し、周囲の人々にバカにされながらも、来る日も来る日もたった1人で石を運んでは積み上げ続けるシュバル。そんな彼に、過酷な運命が容赦なく襲いかかる。                                                 ※映画情報サイトより転載


  宮殿は西洋の美というより東洋的な美がふんだんに感じられ、カンボジアのアンコールワットをイメージさせる外観です。しかしそこには宗教観というものは無くて、あるのは一つ一つの石に込められた愛と家族への想い。

娘のために築こうとしたおとぎの国の宮殿ですが、それは娘のためだけではなかったのですね。
それはまだ幼かった頃に手放してしまった息子シリルのためでもあり、彼を支え続けた二度目の妻フェロメールのためでもあり、更に自分自身のためでもあったわけです。

寡黙で無口で不器用を通りこして一つのことにしか目を向けられないシュヴァルに歯がゆく思い、彼の持って生まれた性質と思いながらも「どうして!?」とも思ってしまうのでした。
でもこの映画、そんな彼の秘めた想いが終盤になってどーんと押し寄せてきます。どーんと。
同時に、生き別れていた息子シリルと妻フェロメールのシュヴァルへの愛もやっぱりどーんと押し寄せてきて、エンドロールが終わるまで涙をぬぐい続けていました、私。

家族の愛はやはり尊い。
特に妻フェロメールの、シュヴァルを守り、育て、不屈の力を与えた強くて深い愛には心打たれました。
夜中にランプを手に帰ってこぬ夫を探すフェロメールが、疲れ果てて宮殿の隅で眠り込んでしまっていたシュヴァルを見つけてそっと寄り添い眠るシーンは、今思い返して最も好きなシーンです。何か神聖なるものに触れさせてもらえたような感じがしました。

演じたレティシア・カスタは、最初は地味に思えたのに表情の一つ一つがとても印象的でどんどん魅せられてゆくのでした。勿論シュヴァルを演じたジャック・ガンブランも唯一無二のキャスティングと思わせるほどに素晴らしかったと思います。一度見たら忘れない顔です、ジャック・ガンブラン。

ずっとシュヴァルへの秘めた想いがあったと思われるもう一人のあの女性にも心惹かれるものがありました。
きっと淋しくて悲しい女性なのだろうなぁって。あの女性からの視点でもきっと深い物語が紡げるだろうなぁって。
その女性の想いは少しの台詞と一瞬の眼差しなどから勝手に感じたことですが、ああいう、観る者に想像を委ねる演出も素敵だなと感じました。


33年間。
宮殿造りに費やした長い長い年月。
それが“いろんな意味で”報われた時、スクリーンを前に私も安堵し、神に感謝したいような清らかな気持ちに包まれました。

ラストの、灯りに照らされた宮殿は言葉に喩えようもないくらい美しかったです。ぴかぴか(新しい)

年の瀬に良い映画に出会えました。 出会えたことに感謝です。


          
              KWにて - コピー.jpg KWでのレア酒 - コピー.jpg


 友人のリビングにお邪魔したかのような、ソファーもある神戸のお店での乾杯の画です。
ママさん手作りのメンチカツにタコさんウィンナーが可愛い。
珍しいお酒をソーダ割でいただきました。ラベルはワイルドですが、ほんのりとレモン香がお洒落に香るウィスキーでした。

それにしても33年って長い年月。
シュヴァルさんがそれを成し得たことが本当に良かったです。

「ありがとう」と 届かぬ言葉を吐いてしまいました。




posted by ぺろんぱ at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記