2020年01月03日

2019年 を振り返って


2020年が明けましたね。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2020空 - コピー.jpg


昨年末の記事でも書きましたが昨年3月15日に4年ぶりに拙ブログを再開させて頂きました。
秋頃にちょっとハプニングもあったりで劇場で鑑賞できた映画は36本どまりでした。
鑑賞数も少なく観に行きたくても見逃してしまった作品も多いので、「マイベスト」というより「もう一回観たいなぁ」という想いが“より強い”作品を挙げてみました。

↓ 鑑賞時系列に記します。

■『ウトヤ島、7月22日』
 昨年3本目の劇場鑑賞作でブログを再開するキッカケになった作品です。
 とにかく衝撃的で結局今も心を掴まれてしまっています。

■『グリーンブック』
 これはもう、最後にドン・シャーリーが孤独の殻を破る勇気が持てたことと、トニーの「あの台詞」につきます。

■『荒野にて』
 生きることの過酷さの裏で常にある大自然の美しさ。
 主演のチャーリ・プラマーの鮮烈な輝きももう一回観たいです。

■『希望の灯り』
 静かで深い余韻、独特の空気感。映像的にもとても惹かれる世界でした。

■『幸福なラザロ』
 不思議な映画でした。「作り方、見せ方」があるイミ難しい作品だったように思います。
 私には良い残り方になりました。

■『アマンダと僕』
 優しい光を感じたラスト。しみじみと心に沁みてくる良い作品でした。

■『シュヴァルの理想宮』
 実話ということに先ずは驚き、清らかで尊いものに触れさせてもらえた気がしました。


別途、劇場鑑賞ではなくDVDで旧作に触れることのできた機会は6回(6作品)でした。
いずれも良作でしたが、私の中では『ラ・ラ・ランド』がダントツで2019年「キング・オブ・旧作」でした。

映画館での新作は勿論のこと旧作品も含め、今年もよい映画に出逢えることのできる一年であれと祈ります。ぴかぴか(新しい)



昨年を振り返ってもう一言付記させて頂きます。
音楽にも癒され元気をもらいました。心と共にいろんな「音」を届けて下さった方々にも深く感謝の想いです。かわいい
 

                          


そして、やっぱり今年も呑みます!


posted by ぺろんぱ at 10:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記