2020年02月13日

「 ドキュメント72時間 」 や 「 第一阿房列車 」のことなど・・・


NHKの『 ドキュメント72時間 』が好きで録画して観ています。

以前は週末の実家帰りの土曜お昼前、老親の昼食の支度をしながらリビングのテレビから流れるこの番組(再放送分)を時に料理の手を止めて見入っていました。今は金曜・夜の本放送を自宅で録画して毎週観ています。

                        72 - コピー.JPG

毎回ある一つの場所で72時間(3日間)に渡って取材を行い、そこで観られる様々な人間模様を定点観測するというドキュメンタリーです。 ※番組Wikipedia情報より転載


年末にその年の放送分全てを対象に人気投票ランキングが発表されるのも興味深いです。
昨年まではすべてを観られていなかったのですが、観ることのできたプログラムで印象深かったものがBEST10入りしていたのは、見知らぬどこかの誰かと想いを共有できたような感じがしてちょっと嬉しかったです。今年からは録画しているので全てのプログラムをしっかりと観ていきます。

この番組を観てると毎回ね、思うのですよ。
本当にいろんな人生があって、誰もが懸命に生きてるんだなぁって。


テーマソングがとてもイイのです。
番組は年を重ねていってもテーマミュージックだけはずっと変わっていません。
松崎ナオさんの「川べりの家」

 大人になってゆくほど涙がよく出てしまうのは
 一人で生きてゆけるからだと信じて止まない

 それでも淋しいのも知っているから
 あたたかい場所へ行こうよ 

 川のせせらぎの聞こえる家を借りて耳をすまし
 その静けさや激しさを覚えてゆく

 歌は水に溶けてゆき そこだけ水色
 幸せを守るのではなく 分けてあげる       「川べりの家」歌詞より



次回のドキュメント72時間 (もう明日だ!)のプログラム「神戸 あの日のピアノを弾きながら」も凄く楽しみです。





 さて、内田百闥 『 第一阿房列車 』 を読了しました。

図書館に予約している本が現段階で3冊あってどれもまだ順番が廻ってきません。そのうちの一冊は予約してからもう四か月近くになるのに・・・どれも人気本なのでしょう。予約本の後に読もうと思っていたこちらの本を結局先に買って読了してしまいました。

                        百閨@第一… - コピー.JPG

しかしこの「第一阿房列車」がとにかく面白かったのです。

「なんにも用事のないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思ふ」という飄々とした一文で始まる、自由な間延びの?旅の記録です。
しかし“間延び”とは裏腹に内田百闔≠フ徹頭徹尾「人生哲学」みたいなものがそこにあって・・・。
無用なるコトの中に見えてくるものもあるのだと感じ入りました。
上手く(カッコ良く)生きれていないなぁなどと思い悩む私なんぞ、一回逆立ちして百ぐらい数えんとあかんなぁって思いました。

この本の存在を教えて下さったK女史に深く感謝いたします。ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)



                         OPEN DOOR バーボンソーダ.jpg

いつだったかのJazz喫茶でのバーボンソーダの画。
喫茶店なのでメニューにはありませんが作って頂けるのでお願いしました(2度目)。

ええ感じでホロっと酔えて、笑顔で帰れました。
なんか、それだけでその日一日良かったって思えました。





posted by ぺろんぱ at 19:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記