2020年02月20日

清宮質文 展     凝縮された時間、空間


京都府は乙訓郡、大山崎山荘美術館に『清宮質文(せいみやなおぶみ)展』を観に行きました。

本展を知ってからずっと行きたくて、観たい作品が多い後期(1月27日に一部展示替え)にと考えていました。

チラシ表面()に掲出の作品を観た時、何故か有元利夫の絵を想起したのです。
有元利夫の画、好きなんです。それでこの清宮氏の作品にも触れてみたくなって。


清宮 チラシ.JPG


両者の作風は全く違うものでしたけれど、幻想的で静謐な空気をまとったような作品イメージが私の中で両者を重ねてしまったのかもしれません。

清宮質文(1917ー1991)。
版画家として知られているようですが、私は氏のガラス絵の作品に魅せられました。
ガラスという素材の為せる業なのかとても透明感があって、明るい色が使われているにも関わらずどこか物悲しく儚げな印象でした。
他の多くの版画作品も含め殆どが小さな作品なのに見入ってしまうことが多くて、何と言いましょうか、自分の中に眠っていた遠い記憶が呼び覚まされるような感じでした。

氏はご自身の内面の深いところに下りていってしまわれるようなお方だったのでしょうか・・・晩年は神経症のような心の病も抱えておられたとプロフィールに記されていました。

こちらの館は佇まいそのものが静寂で時を忘れさせてくれるような趣きがあります。静かにゆっくりと一つ一つの作品を眺めることができましたよ。


大山崎 テラスでワイン - コピー.jpg

ここを訪れるのは二度目です。
喫茶室ではテラスで外を眺めながらお茶、アルコール、スイーツなどを戴くことができます。
今期のスイーツは清宮氏作品のモチーフである蝶をイメージしたブルーベリーのケーキと蝶の形をしたソルトバタークッキー。そして私は白ワインも(サントネージュ 180ml 今は「アサヒビール」の冠を呈した美術館ですからね)。
前回もコーヒーとかじゃなくビールをオーダーした記憶があります。(何処でも呑む…まだ明るくても呑む…とにかく呑む…。)
お陽さんを浴びて、ちょっとひんやりした風を受けながらいただくワインとスイーツは美味しかったです。



大山崎 沈丁花 - コピー.jpg


美術館へ通じる坂道に咲く沈丁花。
その芳しい香を澄んだ空気が運んでくれました。





posted by ぺろんぱ at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記