2020年06月24日

死の淵を見た男 ‐吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日‐ ( 本 )


いろんな規制が解除になった今、手探り状態の世の中ですが巷に笑顔が多くなりましたね。
実家に帰った時も隣家の人との平和な世間話も増えました。



  やっと順番が廻ってきた一冊。
気合が入ってたのか一気に読了しました。
『死の淵を見た男 ‐吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日‐』(門田隆将著)です。

2011年3月の東日本大震災による福島第一原発事故。
全電源喪失、メルトダウン、最悪の状況の中で決死の活動をし続けた現場の苦闘を描いたノンフィクションです。
映画化( Fukushima 50 フクシマフィフティ )されて上映後暫くしてコロナ問題が深刻化して気になりながらもそのままになってしまい、ならば原作を読みたいと思ったのでした。

死の淵を - コピー.JPG

 日本中が言葉を失ったあの日、3.11。
その直後から選択の余地なく始まった死闘の、その凄まじさに改めて今、再び言葉を失った思いでした。
家族、郷土、自身が生きて培ってきたもの、、、あの日あの時それら‘大切なもの’守り抜くために現場の人たちは何を心に決めたのか…「死」に直面する場に身を置いて何を思ったのか…。
そこには生々しい胸塞ぐ現実がありますが、当時の現場の、現場でしかわかりえない事々を知ることができてよかったと本書を読んで思いました。

 一人の女性(東電社員)の証言もあって。
事故当時はあまりの過酷さに精神が麻痺してしまっていて事故後の家族との通話でも涙が流れることもなかったのに、半年ほどを経て残る復旧のために誰もいない町中を車で現場に向かっていた時、骨と皮だけに痩せ細ったキツネが恐る恐る近寄ってきて・・・その姿があまりに哀れで持っていたあんパンを車から降りてそのキツネにあげたまさにその時、突然どーっと涙が出てきて止まらなくなった、と。
申し訳ないと、人間のみならず何の関係もない動物たちをもこんなふうにしてしまったと、自分たちへの怒りがこみあげてきて流れる涙が抑えられなかったそうです。
個人的にはここを読んでいて一番泣きました。
動物の哀れな姿と人々の酷い姿と、それを「自分たちへの怒り」と刻んだこの人たちと・・・いろんな姿がぐちゃぐちゃに混ぜこぜになって迫ってきた感じでした。
 
 周辺の人々の平穏な暮らしを崩壊させてしまった結果は勿論酷いものだったと思いますが、考え得る最悪の状態、その中の最大極限の事態を辛うじて回避できたのは現場のこの人たちの命をかけた戦いがあったからだと、改めて強く心の中で手を合わせる思いです。

 筆者の門田氏が「はじめに」と「おわりに」に記しておられる内容は冷静な分析であり、しかしながら深く心に響くものでした。
東電内で亡くなられた方もおられました。あらためて、どうぞ安らかにと祈らざるを得ません。


猫パト1 - コピー.jpg
沈思黙考

猫パト2 - コピー.jpg 「帰ってきたでぇー」「何処行っとったん!」的な?
猫たちの世界にもいろんなことがあるだろうけど、とにかくこの子たちも皆‘ 食べて寝て’元気で暮らせ!


                        インドの青鬼 - new.jpg

 最近の家呑みの一景。
インディア・ペールエール<インドの青鬼>が近くのスーパーに置いてあるのを知って買いました。
いつもアルコールのコーナーはガン見目していたのに死角でした。
久々のこの味、苦みとコクがクセになります。何年振りだろう〜、美味しく呑みました。


posted by ぺろんぱ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月17日

心の旅路 ( BS.P. 録画鑑賞 )


 街をゆく10代半ばの若者たちの、雄々しく以前と変わらぬハツラツさにEnergyチャージさせてもらいました。 しかし若者は若者なりにこれから先に思い悩むことはきっとたくさんあると思います・・・ガンバレ若人よ!( オマエこそ頑張れよ と言われそうですが。)


  少し前に録画していたBS.Pでの映画 『 心の旅路 』(マーヴィン・ルロイ監督 1942年制作 アメリカ ) をやっと観ました。
ジェームズ・ヒルトンの小説を基に、第一次世界大戦で記憶を失くした男スミスと旅回りの踊り子ポーラとの長きにわたる愛の軌跡を綴った作品です。


心の旅路 ポスター - コピー.JPG
           ※映画ポスター Wikipediaからの転載です。


こういうのを古き良き映画というのでしょうか。
10年は超えるであろう長い物語の流れの中で、ポーラとスミシ―の互いへの愛がただその一点のみに於いて真っ直ぐに正攻法で描きあげられていました。

スミシ―が去しり後ポーラが体験した絶望と辛苦の日々が彼女の台詞として短く語られただけだった事とか、マーガレットと名を変えてチャールズ(スミシ―)の前に再び現れてからも彼女がその過去の辛苦を振り返るシーンが無かった事については、少しリアリティーに欠けるというかもう少しそこを深く掘り下げてくれてもいいのに、とも感じたことは事実です。
しかし、この映画がただスミシ―の(かつてのスミシ―としての)愛を取り戻したいというポーラの強い想いに焦点を当てて作られたものであるからだと思えばそれも納得できるのでした。実際、ポーラの一念は凄い、とても強い。スミシ―への愛の深さに圧倒されるほどでした。

難しいことは考えないでただただ物語の展開に身を委ねるのがよいかと。
ストライクゾーンにバシッとボールが収まるようなラストシーンはまるで大人たちに贈られたお伽噺のようでした。

一体いつ気付くのかとやきもきすることもあったので、二人の行く末が分かった今は安心し切ったゆったりとした気持ちでもう一回観たいです。


雨の紫陽花 - コピー.jpg
              
 は 雨の休日の画でした。
歩く人も無く、遊歩道の紫陽花がひっそりと雨に打たれていました。
色鮮やかな花は水も美しくまとう気がしますが、紫陽花はことのほか雨が似合う感じです。
こんな日はきりっと冷えた冷酒がいいですが、そういえば最近ずっと日本酒を呑んでいないなぁ。

この映画で序盤、ポーラがスミシ―と初めて会った日に馴染みのBARで「 ジンをちょうだい、この人(スミシ―)にはブランデーで 」って言ってジンをショットで呑んでいました。 
お気に入りのショットグラスがあるのでそれでジンをクイッと真似てみました。ジンはボトルごと冷凍庫に入れておくとトロリとしてストレートで呑むにはイイですよ。


西Navi - コピー.jpg
                  駅のホームにて。

 「西Navi 6月号」が出ていました。
まだお出かけは容易に出来ませんね、、、だからせめて机上の旅路で・・・。


posted by ぺろんぱ at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月09日

パーフェクト・ワールド ( BS.P. 録画鑑賞 )、 そして今読んでいる本のこと


 街の雰囲気が以前とはちょっと違う気がしますが ‘新しい生活様式’ のリズムみたいなのを自分なりに築いてゆければ、と思っています。 いろんなことがあると思いますが皆さんもそれぞれの歩みで・・・。



  録画していたBS.P.での映画 『 パーフェクト・ワールド 』 (クリント・イーストウッド監督 1993年制作/同年12月日本公開) を観ました。 これは未見でしたので今になりましたが観ることができてよかったです。

脱獄犯ブッチ(ケヴィン・コスナー)と人質となった少年フィリップ(T・J・ローサー)の心の重なり、犯人を追う州警察署長レッド(クリント・イーストウッド)の苦悩を描いた作品です。

                          パーフェクト・ワールド チラシ - コピー.JPG

 イーストウッド監督らしさに満ちた作品だったと思います。
観終わってからタイトルの「パーフェクト・ワールド」について深く考えてしまいました。
ブッチとフィリップそれぞれのパーフェクト・ワールドは違う時間軸のどこかにはあったはずのもので、もしかしたらあのまま二人の逃避行が続いていたら…とも思いましたがそれはほんの一瞬のこと。それは決して手に入らない「ロスト・ワールド」。 レッドにとってもブッチを救えなかったことでそれは永遠に‘損なわれた世界’になってしまいました。

最初の一撃をフィリップに負わせた展開は重いですね。
ブッチを根底では憎めない人間として描きながら彼にあの結末を用意したのは、結果として道徳的には許されないと考えたからではないかということ。そして真のバディであるはずだったフィリップにそれを判断させたということ。
それはとても悲しいことですが、幾つかあった‘それから後の道’に於いてこれが最善のシナリオだったのかもしれないと思いました。そして最期を迎えたブッチが やっと初めて目指すところに辿り着けた っていう表情だったことが救いです。

それにしても、少年フィリップを演じたT・J・ローサーに心持ってかれてしまいましたよ。この作品の後は出演作が殆ど無い?みたいですが、残念な気がします。



                          記憶喪失に… - コピー.jpg                     
ウォーキング途中の休憩ベンチにて。
              休日だったこともあり公園は以前より多めの人出。
              少しずつ前へ?

 画像は今読んでいる本です。 『 記憶喪失になったぼくが見た世界 』 (坪倉優介著 朝日文庫) 。
再開した図書館も閉館前に予約していた本は「まだまだ(順番は)先です」とのことで、営業再開のジュンク堂に行って出会った一冊です。
以前マスコミで話題になったらしいですが知らなかった(ポンコツアンテナが更に錆びついてしまってる私です)。

頭で想像しそれなりに理解できているのじゃないかと自分が思っていることは実は物事のほんのごく僅かな一面の更に一点でしかないのだと気付かされます。
清く澄んだものに触れるような感覚で読んでいってます。


 お酒タイムバーにトマトジュース、野菜ジュースは欠かせないアイテムになってしまいました。
ジンの消費量も増えました。
で、試していなかったのが < ハイボール + トマトジュース > でした。
薄いとトマトジュースに負けてしまうのでウィスキーを多めにしてライムも絞って。
ジンとはまた違う香りとパンチで中々好いです。


posted by ぺろんぱ at 20:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月02日

エヴァ・キャシディさんが、浜田真理子さんが、、、歌う「ダニー・ボーイ」 


‘新しい生活’のリズムとやらも自分なりにできつつあるのかなぁ。
しかしウイルスとの闘いや付随する様々な苦悩は続くと思います。身体と心をどうぞ大切に。



  「ダニー・ボーイ」(アイルランド民謡、フレデリック・ウェザリー作詞)が好きで、時々思い出したようにCDでビング・クロスビーの歌うそれを聴くのですが・・・。
この曲を好きになったのは村上春樹さんの長編小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んでからのこと。最終章近くで登場する時のこの曲の存在感が凄い。
『世界の終りと…』は(かなり以前にも書きましたが)春樹さんの長編小説の中で私にとっては最も愛する作品です。
ビンクロ - コピー.jpg
 NHKのEテレ番組 『 ららら・クラシック 』 で先日「禁じられた遊び」と「ダニー・ボーイ」をフィーチャーした企画があったので録画しておいて観ました。

アイルランド発祥の ‘タイトルも歌詞も無き歌’ がやがて ‘自国の歌’ を切望する人々の想いによって確たる存在になってゆくわけなのですが、そこには移民としての辛苦に満ちたアイルランドの人々の長い営みが大きく影響していたのですね。

1913年にフレデリック・ウェザリーによって歌詞がつけられてからは、1914年の第一次世界大戦で自分の大切な人を戦場へ送らねばならない人々の悲しみも重なってこの曲(歌)の存在が不動のものになります。

番組ではエヴァ・キャシディさんの歌うダニー・ボーイと浜田真理子さんがアイルランド楽器の演奏と共に歌うそれが紹介されていました。
浜田真理子さんのダニー・ボーイは深い母性を感じさせる、しみじみと聴き入ることのできるとても優しい歌声で聴き惚れました。しかしそれ以上に(実はほんの数十秒くらいしか流されなかったのですが)エヴァ・キャシディさんの歌うダニー・ボーイに心掴まれてしまいました。ソウルフルな歌い方に ‘苦しみに近いほどの悲しみ’ を感じて。速攻、YouTubeで全編を聴きました。

思えば前回ここに挙げたヘイリー・ウェステンラさんの歌もケルト音楽に通じるものがあり、ダニー・ボーイもアイルランド発祥の曲で・・・世の流れは繋がっているのだとしみじみ感じている今です。


もーれつ小太郎 - コピー.jpg

時々見かける もーれつ小太郎 (命名に深い意味はありません)。
スマホカメラを向けたら「ちょっと急いでるんで…」と目の前を駆け足で通り過ぎて行ってしまいました。 冷たいなぁ、でもまた会えるからいいか。


家呑みで最近の新たな試作。
ベルモットが近隣のスーパーマーケットにないので白ワインをジンで割って<なんちゃってマティーニ>バー作ってみました。ジン多め・白ワインかなり少なめで少しだけソーダも足して。
なんちゃって過ぎてもはや別モノでしたが これはこれで悪くないです。


posted by ぺろんぱ at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記