2020年08月30日

ミッドナイト・イン・パリ ( BS.P. 録画鑑賞 )


  録画していたBS.P.での映画 『 ミッドナイト・イン・パリ 』 (ウディ・アレン監督 2012年5月 日本公開)を観ました。

この映画のチラシ、とてもイイですよね。
背景の画はゴッホの作品。でも本作「ミッドナイト・イン・パリ」にゴッホは登場していません。 モネもダリもピカソもロートレックもゴーギャンもドガも、著名な画家はたくさん登場するのに何故登場していないゴッホの作品が使われたのでしょうか??

    ミッドナイトインパリ  - コピー.jpg 
   
< story >
ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギルは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁を抱いており……。(※映画情報サイトよりの転載です)

 
 憧れの時代へのタイムスリップ。
敬愛してやまないアーティストたちとの出会いと心浮き立つような会話、そして心惹かれる美しい女性との出会い。
まさに夢のような時間があって、かたや(タイムスリップから覚めれば)現実も在り続ける。
もし1920年代で出会った魅力的なアドリアナとあのままちゃっかりうまく結ばれていたらギルはいったいあの時代と現実とにどう折り合いを付けたのだろう…。ダリやマン・レイみたいに‘それが人生さ’と割り切るにはギルはあまりに生真面目すぎる気がして。

ギルにとっては憧れの1920年代を生きる人々だったけれど、その彼らが実は更に昔の19世紀の頃こそ黄金の時代と考えていたという皮肉。
でもそれは1920年代が彼らにとっての‘現在’であるわけで、その点ではギルと変わらないのかもしれません。
浮足立っているように見えるギルだったけれど、意外にも冷静に、人生について核心を突くような言葉を語っていてドキッとしてしまいました。
「‘現在’って不満なものなんだ、それが人生だから。」
これってアレン監督の心の声なんでしょうね。
アドリアナと口づけを交わし恋人になれた途端に更なるタイムスリップが起こってあの「別れ」を迎えることになるなんて・・・それが‘現在に常に付きまとう不満’とやらを象徴しているようで「深いなぁ〜」って思えた展開でした。

摩訶不思議な世界で総じてコメディータッチで描かれています。
たくさんの著名な芸術家たちが次から次へと登場し、さもありなん的な会話を繰り広げるのも面白いです。エイドリアン・ブロディがあのサルバドール・ダリ役でご出演!なのは嬉しい驚きでした。
もともと長く続かなさそうだった婚約者イネズとの「合わないよ、別れよう」っていうあの終盤の潔さ。シンパシーを感じるパリジェンヌ・ガブリエルとの新たなる旅立ちの予感っていうのも何だかとっても小気味よかったなぁ。ガブリエル役のレア・セデゥがとっても素敵だったし。

パリを舞台にしたロマンティックコメディ。
それこそ真夜中に、独りで、大好きなお酒を傍らに置いてこっそり愉しみたい
と思える映画でした。

そして、パリの夜ってやっぱり美しい!


                        トゥーフェイス再会 - コピー.jpg
 トゥーフェイス、元気? 
今日のハンカチは猫柄やねんで。(・・・カンケ―ないか・・・)


                        冷えっ冷えの雄町 - コピー.jpg

歩いた後の、きりっと冷えた(冷えっ冷え!)タツリキ雄町。 美味しゅうございました。
久方ぶりに訪れましたがカウンターにはビニールシートのカーテンが下がっていました。
そうでしょうね、それがこれからのあるべき姿なのかもしれませんね。お店側とお客側の双方が少しでも安心できるようにっていうことで。

9月がすぐそこに・・・。



posted by ぺろんぱ at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月23日

嶽本野ばらさんの小説

    
 中村文則さんの 『 悪と仮面のルール 』 (7月29日付ブログ記述) を読了した後、嶽本野ばらさんの小説に移行しました。

『 悪と仮面のルール 』は、最後に希望の光りを見ることができました。しかし暗く重たいトーンが全編を覆っていたことは変わらず、生きることへの呪いのようなものさえ感じました。何がこの作家氏にそこまで書かせるのか…たかだか4冊読んだだけでは理解できるはずもなく、だから中村文則さんの作品はいずれまた再び手に取りたいと思います。

一旦、少し方向を変えて嶽本野ばらさんの小説へ。
映画『 下妻物語 』は氏の原作ですが、活字での体験は私にとって初の嶽本ワールドでした。
2冊を読了。 備忘録を兼ねてここに感想を簡単に記します。


一冊目、『 星のアリスさま 』 (嶽本野ばら著)
  
  アリス - コピー.JPG

 美しく賢い少女・アリスの宇宙の旅を通して‘世の中の真実はかくありき’と描き出された物語です。
ブラックでぶっ飛んだ表現の中にも「不思議の国のアリス」「星の王子さま」「白雪姫」「銀河鉄道の夜」等々へのオマージュも感じられそれなりに面白く読めたのですが、毛沢の東(けざわのひがし)の国を巡る物語には最後に違う展開があるものと思っていたので清貧で善なる国として終わったのには少し違和感が残りました。成り立ちは善であれどんなところにもそれを束ねる側には利権が生まれてくるものではないかと思うので。それが嶽本野ばらさんの思想なのか、はたまた最後に託した希望だったのか、それは分かりませんが。
時に真理を突くような言葉があり、特に終盤、「命の尊さ」についての語りは心に沁みました。


ということで二冊目、『 通り魔 』 (嶽本野ばら著)

通り魔 本 - コピー.jpg

 軽いコミュニケーション障害のある少年が自分なりに正直に真面目に生きようとするのですが、母親からの愛情不足と周囲の無理解、そして幾つかの不運が重なりやがて残虐な事件に突き進んでしまうという物語です。
まさに慟哭の世界。
非常に重く、読むことが辛く息苦しささえ覚える小説でした。小説なのだと割り切れず、何故か現実としてそこに展開しているようで。 そして最後まで・・・救いがない。

同氏の『 星のアリスさま 』の中で‘命の尊さ’についての言及があり深く心に沁みた と先述しましたが、本作では 「こんな希望のない生活を延々と続けなきゃならない程、命って尊いものなのかな。どうせ何時かは皆、死ぬのにさ。」 という台詞があり(主人公の吐いた台詞ではなかったのですが)愕然としました。

残り1/4になった段階で一気に読み進めて読了しましたが、「読まずにいられなかった」というよりは「明日もまたこの本を読み続けることに耐えられない」と思ったからです。
章分けも段落区分も無く文章が続くので精神的に一区切りつけるということが出来にくかったからかもしれません。しかしそれこそが主人公の生きていた日々なのですね。どこかで息をつくことも別の何かに視線を向けることも出来ず、ただただ目の前の暗闇から脱出しようともがくしかなかった日々。
読了して終わったわけではなく、リアルに明日もしかしたらそこにポッカリと口を開けているかもしれないどす黒い大きな穴の存在を思わせ、怖さが尾を引き続けました。どこでどうしたらどう変わっていたのかと主人公に自分を重ね自問せざるを得ず、しかし答えは出ないのでした。



アイスラテ - コピー.jpg

 かなり久々にスタバに行きました。
ここで冷たい飲み物をオーダーしたのは更にかなりの久方ぶり。プラ問題で紙のストローになっていました。

今度は希望を感じる本(少なくとも表紙の装画はきらきらぴかぴか(新しい)している)を読み始めています。

何だか今日の拙ブログ文、希望という言葉を多用してますね。
それだけ今の私に希望が見えてないってことなのでしょうか・・・(ん〜、しばし考え込む)。

まだまだ厳しい残暑が続く見込みです。 どうぞご自愛ください。


posted by ぺろんぱ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月16日

ハドソン川の奇跡 ( BS.P. 録画鑑賞 )


  録画していたBS.P.での映画 『 ハドソン川の奇跡 』 (クリント・イーストウッド監督 2016年9月 日本公開) を観ました。

放送は8月11日でした。日本では1985年の8月12日に 日航ジャンボ機墜落事故が起こりましたね。毎年この時期になると追悼の様子が報道されます、今年も改めて亡くなられた多くの方々に安らかな眠りを と祈りました。

この映画は未見でした。実話を基に作られた映画で観たいと思っていたので放送されてよかったです。

   ハドソン川の チラシ - コピー.JPG   

< story >
突然の全エンジン停止という危機のなかハドソン川に不時着して乗客全員が生還した2009年の航空機事故のてん末に迫る。
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。 (映画情報サイトよりの転載です)
 

 94分という映画としては比較的短い時間に多くの示唆が込められていた良い映画だったと思いました。                         

事故の経緯が淡々と描かれていますが、管制塔との緊迫のやり取りや不時着時の脱出劇にはやはり心臓の鼓動が早まります。
人が時として陥りがちな危険な盲点、それに抗い真実を見極めようとする苦悩と憔悴。全ての命が救われた後で起こった出来事なのに、更に鼓動が早まる思いでした。

英雄化という流れが一気に形作られる世の中もどこか怖さを秘めていました。
大切なものを見落としてしまうコンピュータ分析を過信してしまう流れは怖さの極致で(事故調査委員会はまさにその流れに飲み込まれていた感があり)、当事者が冷静でいなければ覆す論点など見出せなかった気がします。
一方でサレンバーガー機長側の、自己への誇りとプロとしての固い意識や深い経験が導き出すものの尊さも大切に描かれていましたし、事故調サイドが過ちを認めた潔い姿勢にもまた気高さを感じました。
そして根底にあった家族の存在の大切さ。先ずはそれがないとやってゆけなかったことかもしれません。

邦題からは何となく‘結果としての奇跡’をより強く感じてしまいますが(勿論奇跡的なことなのでしょうけれど)、この結果は乗客も含めフライトに関わった全ての人々の信念と叡智によるものだったのだと感じました。
「自分の力ではない、全員の力(が為したもの)だ」と語ったサレンバーガー機長。
本作の原題が彼のニックネームである「Sully」であったのも頷けました。

エンディングの「155(人)の数字にそれぞれの顔がある」とのSullyの語りは深く心に残ります。
自然災害や厄災、事件や事故による死者の数が大きくカウントされ続けている現況や、何かに苦しんで自らの命を絶った悲しい報道などにも接して、この今の‘生きてこそ’の想いに繋がるものがありました。

主演のトム・ハンクスは実直さと穏やかな人間味が伝わってきて実在のサレンバーガー氏と実によく似た雰囲気でした。そしてこの事故に焦点を当て映画として世にヒューマニズムを問うたイーストウッド監督って・・・やっぱり何歳になられても信念の人なんだなぁと改めて感じました、です。


                  夏の雲.jpg
  夏の雲。エネルギーの放出を感じます。


                          ヒューガルデン.jpg
 ヒューガルデン。 ゆっくり香りを楽しむビールですがあまりの暑さにグイっと呑んでしまいました。

それにしても「危険な暑さ」っていう言葉はいつ頃から使われ出したのでしたっけ…。


posted by ぺろんぱ at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月06日

ぶあいそうな手紙    久々の映画館にて


気が付けばもう8月。
変わったことと変わりゆくことと変わらないことと・・・。 自分自身はどうなんかな・・・。



  シネリーブル神戸で 『 ぶあいそうな手紙 』 ( アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督 ) 観ました。
約5か月ぶりの劇場鑑賞でした。 なかなか良い作品に出会えてよかったです。

< story >
 ブラジル南部のポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト。隣国ウルグアイからブラジルにやって来て46年になるエルネストは、頑固で融通がきかず、うんちく好きの独居老人だ。老境を迎え、視力をほとんど失ってしまったため大好きな読書もままならなくなってしまった彼のもとに一通の手紙が届く。手紙の差出人はウルグアイ時代の友人の妻だった。手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。手紙の代読と手紙の代筆のため、ビアがエルネストの部屋に出入りするようになるが……。 (映画情報サイトよりの転載です)

ぶあいそうな手紙チラシ - コピー.JPG


 老いてこその選択、老いてこその決断。
自分もいつかそう遠くない未来にエルネストのような心境に陥るのだろうか…そしてその時果たして彼のように自らの直感に忠実に ‘思いきる’ 事が出来るのだろうか… 自問 。 ( 心境だけでいえば既に陥っている気がしないでもないですが。)

「老いというのは分かりあえる人々を失うこと」、この言葉が胸に刺さります。
ゆっくり死と向き合っていく姿がそこにはあったのですが、幾つになっても運命を劇的に変える分岐点は在るのだと思わせてくれる 「クラッシュ(=ときめくこと、劇中の詞)」 と 「悦び」 が、ある時点から力強く描き出されてくるのが小気味よくて段々前のめりになって観ている自分がいました。

ワケありのビアが若さ故かエルネストを振り回しているようにも感じられもしたのですが、その奔放さ(ある種の真っ直ぐさ)がエルネストの忘れかけていた何かを呼び覚ましたのだと感じます。
彼の中の何かがビアを遠ざけることをさせなかったのだと思いますが(決して品行方正とは言えないビアですがイケナイことはイケナイことと認識していたビアです)、それはエルネストの生来の直観力なのか、はたまた長きにわたる独居の寂しさからだったのか、いずれにしても孤独を抱えて生きてきたビアとは引き合う二人ではあったのでしょう。

だから、実はビアとの新しい形の日々があるのかな…とも思ったのでしたが、エルネストが決断したことは、提示されてみるとなるほど最も納得のいく道だったと分かる気がしました。

同じ希望と同じ喪失感を持つ人のもとへーーーーー。 
私には凄い決断に思えましたが、自分もエルネストの年齢になった時あんなふうに自分にとって大切なものを見極めて一心に向かえる人間であれたらいいのに、と思いました。

エンディングで流れる音楽も感動を高めてくれました。 どうか幸多き日々を。ぴかぴか(新しい)

友人ハビエルとの別れのシーンは秀逸です。
切なさがドーンときて、でもそういう友を持てたことが何にも代えがたいことなのだと思わせてくれました。
あのシーン、もう一回観たい。

**主演のホルヘ・ボラーニは、2005年に日本公開となった映画『ウィスキー』の人でした。
お歳は召されても味わいのある風貌は変わらない。確かチラシは残していたはず・・・もう一回観返したくなりましたね、『ウィスキー』。


                         ビールとモンブラン - コピー.jpg

こちらもかなり久々の、やはり半年ぶりくらいの某カフェ。
奥のモンブランは友人オーダーのケーキセットから写真用にちょこっと拝借しました、画的に何となく好いかなと。ありがとう。。。 でも私はやっぱりビールですが ( それやったらモンブラン借りるな、、、ごめんなさい )。



posted by ぺろんぱ at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記