2014年08月26日

きょうの本、音楽。そしてトリオ・ザ・イエロー。


連日の災害状況報道に心痛みます。 
亡くなられた方々のご冥福と、復旧途上で困難な生活を強いられておられる方々の、一日も早い心の平穏の取り戻しが叶うことを祈るばかりです。
自然災害に加え、日々どこかしらで誰かが理不尽に命を奪われる事件や事故が少なからず起きている昨今、悩むことはあっても取り敢えず無事で「今日という日」を生きていられる事に深く感謝しないといけないと改めて強く思うのです。

*********


  春から続けていた「村上春樹長編・刊行順に再々…読」月間も、『1Q84 BOOK3〈10月−12月〉後編』を以て無事終了しました。
1Q84は昨年にも一度再読をしたところでしたので今回は途中いくらか端折り読みしましたが、それでも、新たなる感慨がありました。今回の『1Q84』再読で、今さらながらですがユング心理学に関する何かを読みたくなりましてJ書店で買い求めてきたのがこの一冊です。
もう30年以上前の新書ですが、『無意識の構造』(河合隼雄著・中公新書)です。刊行当時は話題になった本のようですが私は未読でした。

image.jpg


ユング派の理論を受け継がれていた故・河合氏。中盤少し分かり難い箇所もありましたが、概ねユング理論に対するイメージを具体化し易く書かれていたと思います。袂を分かった恩師フロイトとの理論の違いにも(そこに主眼は置かれていないですが)触れられていました。「無意識下の理論」ではフロイト派の学者さんによる夢判断に関する書物を読んだことはありましたが、なるほど、ユングのそれとは解釈が違ってくるのですね。
ユングの無意識の深層心理が(あるいは深層心理学のいろいろが)、数多の小説、物語や映画などの作品に影響を与えている(あるいはそれこそ“無意識的に”影響を与えられている)のだと思われることも幾つかあり、今後なにかしらの書物や映像物に触れるたびに考えさせられそうです。

それにしても、、、本書の帯のコピーを引くようですが、人間って本当に“ままならぬ”厄介な無意識下のココロを抱えて生きているものなのですね。

さいごに一つ。終盤で印象的な一つの文章がありました。
「・・・人生の後半はむしろ内面への旅が要請される・・・」という一文。
前後の文言、あるいはそれまでのすべての記載内容をどう解釈するかによって変わってくるものでしょうけれど、この一文だけでなんとなく分かり合う部分もあると思える我々「The後半世代」です。
河合隼雄氏が亡くなられてもう9年になります。今度は『村上春樹、河合隼雄に会いにゆく』を再読してみるのも面白そうです。読書の輪。


image.jpg


ところで<ジュスカ・グランペール>というデュオをご存知ですか。
ヴァイオリンとギターによるインストュルメンタル・アコースティック・デュオです。
実は今まで私は全く知りませんでした。
この度セカンドアルバム『2 −deux−』のリリースで、(仕事のちょっとした経緯で)発売の9月3日(水)より前に完成盤を聴かせてもらえる機会に恵まれました。これがなかなか好くて。伸びやかで心地よく、空の果てなさと吹き抜ける風、そんなのを感じます。
ヴァイオリンのふくよかで哀愁感あふれる音色も耳に、そして心に優しいです。
「太陽と風」「White Sphere」「Red Legend」や「イコロ」、ボーナストラックとして最後に収められている「夢桜」(Daiwa Sakura Aid のテーマ曲、ニューアレンジ・バージョン)が印象的でした。
<ジュスカ・グランペール>とはフランス語で「おじいさんになるまで」という意味で、共におじいさんになるまでデュオを続けていきたいという気持ちが込められているそうです。益々のご活躍を期待したいです。


さて、夏は大好きな季節ですが心身共に凹むこともたまにはあります。そんな私は三つの黄色に日々助けられています。
ここ何年か毎日の食事に必ず取り入れている土生姜、友人Nちゃんがプレゼントしてくれた金時しょうが粉末、そして叔母夫婦の自家製・ウコン粉末(自家菜園のウコンをスライスして乾燥させて何度もミキサーにかける)です。名付けて<トリオ・ザ・イエロー>。 消化・血行・代謝促進パワーにカンゾーくんへのせめてもの労わり。
あ、ビールの色も黄色ファミリーと見なすならこれにも大いに助けられていますし、Takara 焼酎ハイボール(ドライ)の缶の色も黄色ファミリーならそれにも今夏は助けられました。


image.jpg


掲出の画像は約三か月ぶりにお伺いしたJazz Bar Wishy-Washy さんでの一景。
お店オリジナルのダイナマイトなロングカクテル、<ウィッシー・ウォッシー>です。
こちらでは美味しいお酒に加え、心地よく響くjazz、そしてママさんとの語らいに大いに癒されています。

日々、感謝です。 


posted by ぺろんぱ at 21:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
・・人生の後半はむしろ内面への旅が要請される・・

深い言葉ですね。自分も日々内面旅続けてるようです。旅行に行けなくてもこの旅は自分とともに常にあり、辛いこと、しんどいことをかわす力をぐんぐんつけていってる気ィもして・・。

哀しくもありたのもしくもあり・・。
Posted by ビイルネン at 2014年08月27日 14:54

 ビイルネンさん、そうなのです、この内面への旅は自己実現への一歩とユングが言っているのですね。内省的行為でも決してネガティブなものては無い、というような。
ビイルネンさん、私もうちなる旅に出ています。ビイルネンさんほど深くはないのかもしれませんが。

「哀しくもありたのもしくもあり・・。」は、私にはユング派学者の人の言葉以上に深いです。ありがとうございます。


Posted by ぺろんぱ at 2014年08月27日 23:10
天候の悪さを恨んで、世界の終わりとハードボイルド、、、を再読しました。終末がくるまでしぶとく飲みたいなと。笑
Posted by ローラー男 at 2014年08月28日 20:26

ローラー男さん、私も洗濯物の外干しにはことごとく裏切られた今夏でした。
しかしこの悪天続きでロラ男さんが再読されるに至った世界の終わり…、ファンの私といたしましてはちょっと嬉しい気持ちもあります。

信じる者に、世界の終わり=再生です。更に、呑み続ける者に世界の終わりは来ません!(*^_^*)
お互い、とことん呑み続けましょう︎。




Posted by ぺろんぱ at 2014年08月28日 21:47
本当に この国の夏は災害がお約束のようにいつのまにかなってしまいましたね。

いつどこでどんな災害で想定外に命を落としても不思議ではなくなりました。
今現在,痛みの中にある方々へ慰めと励ましと具体的な支援が少しでも届けられますように。

・・・・しかし,こんな夏続きで,東京オリンピック大丈夫なんだろうかとさえ思ってしまいます。
暑さは年々耐え難くなるばかりですしね。

生姜は私も大好きで夏バテ予防やダイエットのために
生姜シロップを呑んでいます・・・あ,間違えた「飲んで」います。
それにしても最後の<ウィッシー・ウォッシー>の写真が気になって気になって・・・
このカクテル,お店のオリジナルということですが
ベースは何でしょう?ウォッカ?ジン?
とてもおいしそうですね!量もたっぷりだし(そこかい!)
Posted by なな at 2014年09月05日 00:17

ななさん、いらっしゃいませ。

そうですね、「夏=災害の季節」となってしまいそうで、私も呑気に「夏が好き」と言っていられなくなりそうで悲しいです。

>東京オリンピック大丈夫なんだろうかとさえ

ほんとうだっ!日本の夏の気候が更に熱帯雨林化するようで怖いですね。無事に晴れの日を迎えられる事を祈りたいです。

生姜シロップを呑んで、いえ、飲んで^_^; いらっしゃるのですね。
蜂蜜とかが入っているのでしょうか?? ななさんの健康と美の秘訣なのですね。(*^_^*)

カクテル<ウィッシー・ウォッシー>はジンがベースで、リキュールも入っています。たっぷりのライムも絞って入れられていて、総合的にアルコール度数も高めなのにキリッとした後口の良さは抜群です。量もたっぷりだし(ななさん、ソコはお酒好きには大事なポイントです!*^_^*)嬉しいです。
そしてビジュアル的にも好きなのです。
上じゃなくてグラスの横面からライムのスライスが見える・・・お店のやわらかなトーンの照明のもとで眺めるそれは未知の惑星のようです。

お酒は酔うために呑んでいるので酔えることが大切、、、ですよね?(と、同意を求める私)
どうぞまたお越しくださいね。



Posted by ぺろんぱ at 2014年09月05日 19:35
おお ジンベースのカクテルですか!
ジンは大好きです!ウォッカは味がしないからちょっと・・・ジンの香りが好きですね。
ジンはソーダ割りで,ライムがないのでレモンでいただきますね。
シークヮーサー?だったっけ,沖縄の柑橘を足しても美味しいです。
家呑みもいいですが,そちらのようなしゃれたお店で作っていただけるお酒はさらにさらに美味しそう。

そんなわたしは今宵もラフロイグです。
ただしちょっと奮発してラフロイグもトリプル・ウッドというやつです。
なんでも,3種類の樽で寝かせたラフロイグだそうで
シェリー樽が加わっているのでアイラモルトのスモーキーさはそのままでまろやかで芳醇なラフロイグになっています。
ああ・・・至福ですね。そうそう酔えないと楽しみは半減だと思っています。明日は休みなので・・・少し酔うことにしました。
Posted by なな at 2014年09月05日 22:34
ななさん、再びようこそ!です。

心地よい酔いの目覚めでしたでしょうか?(*^-^*)

私もジンは大好きです。ななさんと同じでジンの香りが大好きです。ジンといえば夏、夏といえばジン、でしたが考えてみれば年中ずっとジンをいただいている気がします。
ウチ呑みも勿論イイのですが、同じレシピと同じ作り方(例えばグラスの仕様なんかも)で臨んでも何故か一味違うお店でのアルコールもまた、新たな感動ですね。

ラフロイグのトリプルウッド!!
私は知りませんでした。香りがまた更に贅沢なようですね。今夜も味わっていらっしゃるのでしょうか・・・とても素敵なお酒とのお付き合いですね、ななさん。

時間に追われいろいろ想う日々も、ほんの少し「自分にご褒美」があっていいですよね。
私ももう一杯、酔うためのグラスを傾けることにします。
ありがとうございます。

Posted by ぺろんぱ at 2014年09月06日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102798329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック