2019年06月28日

GODZILLA キング オブ モンスターズ     しかしあそこまで破壊されて世界の復興はあり得るのか?


アースシネマズで『GODZILLA キング オブ モンスターズ』(マイケル・ドハティ監督)を観ました。

実はモンスター系パニック映画好きとして押さえておきたい一作でした。・・・と言いつつ終映間近での駆け込み鑑賞でしたが。

ゴジラだけでなく色んな怪獣が出てきます。
キングギドラも、ラドンも、モスラも! ケン・ワタナベも出てきます(←モンスターじゃないけど)。

   ゴジラ チラシ - コピー.JPG


 とにかく、大暴れするモンスター達を“スクリーンで”観ることができて幸せでした。
デジタルで造られたものと分かっていてもその迫力には圧倒されました。それにしても今日のVFX技術、CG技術…凄いものなのですね、改めて思い知らされました。

モンスターのキャラ設定は昔ながらの作品の流れが踏襲されていて、ヒールであるキングギドラと正義の味方ゴジラとの“真のキング”を巡る対決には前のめりになって見入ってしまいました。
ゴジラを救おうとする美獣モスラの“ひと刺し”には感涙。

人間ドラマも勿論あります。

怪獣との共存を図る研究者仲間、その中にかつて居た夫婦とその子ども、それぞれの物語が交錯していきます。
正直に言って既視感が拭いきれない感じではありましたけれど、妻であり研究者でもあるエマを演じたヴェラ・ファーミガは好きな女優さんの一人なのでそれはそれで良し、です。
渡辺謙が最後にカッコイイ役なのは、ゴジラ映画ということでの日本人への最大の礼儀なのでしょうかね。実際、ハリウッド映画で字幕付きの日本語が流れるってなんだかジーンときてイイものでした。“Goodbye, old friend.”

環境テロリスト(どこまでも怖い奴ら)が説く「地球を崩壊させるのは人間の悪業であり、怪獣たちの復活で人間を滅ぼし世界の蘇りを果たす」という思想は、極論でありながらもその端緒となるものはある意味で真理を突いていました。

劇中、「傷を癒すのは傷をつけてきた相手との和睦だ」という台詞があり、それが作品の根底に流れ続けていた気がします・・・それは簡単なことではないのでしょうけれどね。


ゴジラ、モスラ、それぞれの登場シーンで流れる曲はゴジラファンなら泣けてくると思います。

エンドロールはこれだけの大作なのでやはり長く長〜く クレジット表記が続きますが、最後にオマケ映像があることに加えて、いろんな“気付き”がありましたよ。

ゴジラ、ギドラ、モスラ、ラドンの役が其々「(演者) himself」「herself」と記されていたり、最後の最後に初代ゴジラのスーツアクターである中島春雄氏の画像が登場したりしてグッときました。


   kotsudumi - コピー.jpg

映画にグッときて、お酒をググっと呑みました。
小鼓の純米吟醸です。

また明日から頑張れるかな・・・・・頑張りたいです。


posted by ぺろんぱ at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
またおじゃまします!

読んでるうちに伊福部昭のあの有名なゴジラのテーマが頭の中で鳴りだしました。「チャチャチャン、チャチャチャン、チャチャチャチャチャチャチャン」てやつ。もちろん流れてたんですよね。ウゥッてなりそうですね。

幼い頃、東宝の映画二本立てとしての、若大将シリーズと怪獣もんを観に連れて行ってもらってたの思い出しました。「キングコング対ゴジラ」とか・・。

どんだけ年いってんねん!てなもんですが。(トホホ)

ほなまたです。
Posted by ビイルネン at 2019年06月30日 23:31

ビイルネンさん、お越し下さり嬉しいです。

>「チャチャチャン、チャチャチャン、…

ありますよ〜、同曲で日本人へのリスペクト的なアレンジも。あと、「チャチャチャ〜チャ、チャチャチャ〜」もあります。(*^-^*)

幼い頃には私は「まんが祭り」の想い出があります。
二本立てとはいえ若大将シリーズに連れて行って下さった親御さん、シブいですっ!!(*^-^*)

ほなまたです。←また真似しぃしました。





Posted by ぺろんぱ at 2019年07月01日 19:49
こんばんは。
知的なぺろんぱさんが、まさか怪獣映画をご覧になること
驚きと同時にちょっと新鮮に映りましたよ。
ワタシ、邦画『シン・ゴジラ』と比べて観てましたが
ドラマは政府の自虐ネタを取り入れた分『シン〜』の方が面白かったです。
こちらの良かったところはモスラの扱いですかね〜
伊福部昭のオリジナル「モスラのテーマ」はやっぱり涙モノでした〜(*^^)v
Posted by ituka at 2019年07月19日 20:50

itukaさん、お越し下さり嬉しいです。

はい、知的なんて全くもって程遠いですけど私は怪獣、モンスター系映画大好きです。

>『シン〜』の方が面白かったです

そうなのですよね、、、ただ私にとっては(シン…はDVD鑑賞でしたので)やはりスクリーンでも観た本作が圧倒的でした^^。
やっぱり怪獣映画はスクリーンで観るに限りますよね(*^-^*)。

モスラ、私も新たな存在感に驚きました。
そして「モスラのテーマ」は私も感涙モノでした。
伊福部昭さん、凄い御方やったんですね・・・しみじみ。


Posted by ぺろんぱ at 2019年07月20日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186203806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック