2022年11月27日

妻への家路 ( BS.松竹東急 録画鑑賞 )


 BSはNHK/プレミアム以外も時々番組欄をチェックしていて、最近 BS松竹東急の【よる8銀座シネマ】で地味に良い映画をやってくれているのに気付きました。
で、先日11月21日放送の映画『 妻への家路 』( チャン・イーモウ監督 2014年制作 )を録画して観ました。
チャン・イーモウ監督とコン・リー(主演女優)のタッグとのことで、これは観ておきたいなと。


妻への家路 1.jpg
            
< story >
 1977年、文化大革命が終結し、収容所から解放されたルー・イエンチー(チェン・ダオミン)は、妻のフォン・ワンイー(コン・リー)と再会する。しかし、夫を待ちわびるあまり、その心労から記憶障害となっていたワンイーは、イエンチーを夫だと認識することができなかった。イエンチーは、いつか妻の記憶が戻ることを信じて、他人として向かいの家に住み始めるが……。( ※映画情報サイトよりの転載です。)

  切なさがぎゅ―っとくる一方で、どこか満たされた気持ちにもなったラストでした(いきなりラストに触れてごめんなさい ですが)。
これ、もっと文化大革命の頃の状況を絡めて描かれていたら歴史大作的な映画になったのだろうと感じますが、そうじゃなくて、あくまでその後の夫婦、そして娘を含めた家族の姿を淡々と描いた作品になっていました。一度壊れた家族の、再生のあり方として。

勿論、夫、妻、娘それぞれの人生が当時の政治思想に革命終結後もずっと翻弄され続けたことは否めず、妻には望まぬ過去があった(夫が獄中にいる間に党幹部の男性と不本意な何かがあった)ことも仄めかされており、娘も母親との確執や自責の念に駆られ続け、思想家ではなかった彼女の人生も大きく変わってしまったことなどは容易に伺い知れました。
でもその動乱の様というより、動乱の後の 一つの小さな家族 の時間の経過を静かに追い続けた描き方って良いものだなぁと感じました。

コン・リー.jpg
 ※画像は映画情報サイトより

 感想の冒頭で「切なさ」と書いたのは、三人の思いがいつか報われると思っていたから。
「どこか満たされた気持ち」と書いたのは、ある意味 三人が寄り添って生きてゆけている今があると思えたから。ベストではないけれど、限りなくそこに近い、互いが互いを真に思い合っている姿がそこにはあったから。

 この病は、心因性のものでないものも含めてそれまでの自身の人生や家族の状況や様々な要素が症状に絡んでくるものと私は思っています。百人いれば百通りの症状がある、と。
妻フォン・ワンイーには一瞬、ほんの一瞬、微かにでも記憶が蘇った瞬間があったと信じたいです。


2022 紅葉 - コピー.jpg

好天の今日、紅葉は陽の光を浴びて輝いていました、近隣の散歩コースにて。
今日は猫たちには会えず・・・。



posted by ぺろんぱ at 18:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ぺろんぱさん、こんばんは。

これは“非アクション系チャンイーモウ”なので劇場に観に行きました。
で、私もいきなりラストにふれてしまいますが、、、
ラストショットの、寄り添う二人の間を裂くように映る駅の門柱が、まるで鉄の楔の様に思えて胸が苦しくなったのを覚えています。
Posted by ami at 2022年11月30日 20:22
先程のコメント、さて誤字脱字の確認、、、と思っていたところを誤って送信してしまいました。もし変な文章だったらすみません(汗)
Posted by ami at 2022年11月30日 20:27
amiさん、お越し下さり嬉しいです。

何も誤字脱字などなく素敵なamiさんの文章でしたが、いただいた二度目のコメントもそのまま残させて頂きましたよ(*^-^*)。ありがとうございます。

>“非アクション系チャンイーモウ”なので

そうですね。
ホント(^-^)例えば以前にコメントいただいた『グレートウォール』なんかとは同じ監督さんとは思えないような作品ですもんね。

amiさん、やはり劇場に観に行かれていたのですね。
そしてラストシーン。
やはり捉え方は其々ですよね。
確かに、自分で自分を探さざるを得ない状況というのがとても辛くて、それが永遠に一つになれない冷たい定めのようでもありましたね。

ありがとうございます、また一つ、この映画への思いが増した気がしました。


Posted by ぺろんぱ at 2022年12月01日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189954696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック